« 刺しゅう講座講師科 第18回 | トップページ | 絹穴糸 »

一斉に来た

一斉に来た

近所の書店で「久家道子の素敵な刺繍 プチポアン」を見つけたので棚から出したら、角がくちゃっと折れていました(^^;)あまりに残念なので、某通販で検索をしていたら、以前にカートに放り込んでいたものも思い出し、えいやっと購入してしまいました・・・
先日、茜屋さんに頼んでおいた「トルコの伝統レースⅡ イーネダンテル」も前後して到着。本日、5冊が我が家にやってきました。(また増やしちゃったよ(^^;;;)) 
眺めてばかりの本ですが、少しは作品にも昇華しないといけませんね。

プチポアンでは「シルクガーゼ」(絹糸のキャンバス地)を使います。以前、購入しておいてあるのですが、未完箱入りしています(^^;) 同じ図案でクロスステッチもニードルポイントも出来ますから、やればいいのですが、なかなか手が付けられません。本と材料だけが増えていく・・・
「イーネダンテル」は綿のレース糸が使えるので、手持ちの細い糸でも出来そうですが、またまた大きな宿題をしょってしまったので、まずそれからですね・・・ 

昨日は10月の展示会用の作品のデザイン画を描いていました。描きながら、「何でこんな細かいの・・・」と思いつつ、思いっきり自分の首を絞めてしまいそうです。
ニードルレースの薔薇ひとつにぐだぐだと半年を掛けておいて、これからの作品が同じ半年で出来るとは思えないのですが、「形になればいいのさ・・・」と半分うそぶきつつ、8~9月位には必死になってちまちました作業をしているんじゃないでしょうか。 いろんなものを横目に見つつ、がんばろうと思います。
明日はレース講座、出来上がったデザインを持って、先生に見ていただきます。糸の色も決めなくちゃ・・・

|
|

« 刺しゅう講座講師科 第18回 | トップページ | 絹穴糸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/40207008

この記事へのトラックバック一覧です: 一斉に来た:

« 刺しゅう講座講師科 第18回 | トップページ | 絹穴糸 »