« 2月更新 | トップページ | ビーズ本 »

刺しゅう講座講師科 第17回

雁皮糸

フランス刺しゅう 3 です。 25種類のステッチを使って、糸の素材を楽しむという趣旨です。
雁皮糸(がんぴし)という木の皮から作った糸を使います。これ、普通には入手困難な糸ですね。ニットでそういう糸はあるんですが、刺しゅうとなるとね・・・ 森山先生が頼んで作ってもらったという糸だそうです。
これが入手困難であることから、別ページにいろいろな市販の刺しゅうに使える素材で刺した物もあります。

この糸、一見、紙みたいです。紙がこうぞやみつまたの木の皮から出来ていることを思えば、さもありなんという感じですね。縒った紙状の糸にポリウレタンのような化繊糸を巻きつけてあります。刺すのに失敗した時にほどくと、この化繊糸がぐずぐずになってしまいます。無駄に出来ないので、心して刺さねば(^^;)

画像はコーチングステッチで半分を埋めた花とボタンホールペタルステッチです。ペタルステッチは面が埋まって厚みも出る面白いステッチです。花びらや花芯にぴったり。今度何かに使おうかな(^^)

さくさく刺せるので、気が抜けて次回に間に合わないということのないようにしなくちゃね・・・

|
|

« 2月更新 | トップページ | ビーズ本 »

コメント

サミュエルさん

ニット用はしなやかで軽いんですね。
やっぱり一度は見てみないと。でも、何を作るのかが問題だったり・・・(^^;)
手付かずの糸が沢山あるものな~・・・

投稿: NARU | 2008/02/08 19:47

刺繍用の糸の感じ、説明いただいてなんとなくわかりました。
短めに切って使わないと綺麗にできない刺繍糸って、けっこう
ありますよね。雁皮の編み用糸は、しなやかで軽いのですが
かさかさした感じです。私の持ってるのもたしか野呂さんの
糸です。

投稿: サミュエル | 2008/02/08 00:32

サミュエルさん(^^)

おお、ニット用の糸をお持ちでしたか。
やっぱり質感は「紙」ですか?
刺しゅう用の糸は「こより」にラメ糸のごとく別の糸が絡まっている状態です。この別糸がすぐにぐずぐずと巻きが取れてくるので40cmくらいずつにカットしないと終わりの方は見るも無残なだらしない感じになります(^^;;;
野呂さんのところでニット糸があるようなので、一度見てみたいと思っています。

投稿: NARU | 2008/02/07 14:12

編み物用の雁皮糸(ぬかりなく未完)なら持ってますが、
刺繍用の糸もあるんですね。特注とはすごいものです。
面白そうな質感ですね。

投稿: サミュエル | 2008/02/06 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/17956529

この記事へのトラックバック一覧です: 刺しゅう講座講師科 第17回:

« 2月更新 | トップページ | ビーズ本 »