« アトリエ エヴァンタイユ会員展 | トップページ | ちまちま »

ゴールドワークとビーズ展

渋谷東急本店にて15日(11時~19時 最終日17時まで)までの開催です。
トレマーガでのオヤレッスンのついでに早めに家を出て寄ってきました。
ゴールドワーク ビーズ刺繍 ビーズワーク スタンプワーク ホワイトワーク キルティング テネリフレース ボビンレース・・・と多彩な手法で作られたバッグ、ボックス、カバー類、ネックレスなどがきらびやかに並んでいました。私もいろいろやりますが、とてもとても比べ物にならないくらいの細かい世界です。
目の保養になりました~ 

テネリフレースのサンプルが並んでいましたが、糸が細く、みっしりとステッチされていて「これくらいやらないといけないよね(^^;;;))と自分の作品が恥ずかしくなるような仕上がりで・・・
作者のお一人、ハイジ・ジェンキンスさんが会場にいらしていて、ちょっと話をし、握手をしてもらいました(^^)
帰りがけに記念のはがきを買ってきたのですが、「今日はご本人がいらしているのでサイン入りもあります」と言われ、しっかりそれを購入してきました。
ワークショップもあったのですが、オヤとタティングのレッスンもあるし、(お値段もびっくりでしたが、そんなものなんでしょうねえ)そそくさと隣のウィリアム・モリスの花々展に寄りました。

ヤマナシヘムスロイドの生徒さんの作品 クッション、タペストリなどがクロスステッチやニードルポイントの手法で作られたものが並んでいて、ベス・ラッセルのキットも販売していました。このキット、イギリスでもお高くて、なかなか手が出ないんですよ。日本にきたらもっと値が上がりますよねえ。ひとつくらい小さいキットを持っていたような、いなかったような。未完箱をそのうち覗いてみたいと思います。

オヤのレッスンはトゥーオヤに戻りました。このところ左手の中指、薬指が鉤針編みの時に痛むようになっていて、かばいながらでしたが、とりあえず4種類を全部完成してきました。またコースターに編みつけます。早めにやらねば・・・
タティングレッスンはシャトル繋ぎ、重ね繋ぎの違いとどういうときに使うかなどをやりました。次回はここまでの総復習でしおりを作ります。

帰りは初めて「あさぎり」の席が取れたので、乗ってきました。22年ぶりに松田駅に降りましたよ(^^;)
新松田駅まではホームの階段を上り、上りホームを延々端っこまで歩いてから南口まで行きます。バスは新松田駅からの発車なので、ぐるっと回らないといけません。松田駅前のバス停もあるのですが、始発の方が座れますからね(^^)

|
|

« アトリエ エヴァンタイユ会員展 | トップページ | ちまちま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/17685566

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドワークとビーズ展:

« アトリエ エヴァンタイユ会員展 | トップページ | ちまちま »