« ノッティドボタンホールステッチ | トップページ | メリークリスマス »

ありえない~

トーカイでの編み物アドバイザーが終了しました。去年は12月ぎりぎりになって、「1月もよろしく~」なんて言われたのですが、今年はそのまま終わったのかな!?

今回もいろいろありましたね。「もう一回聞きに来ました」って、待っていてくれる人もいました。ありがとうございます。合間にアフガン編みのバッグを作り、極太タイプの糸で円座も編みました。形はほとんど大判焼き(^^;) 本にはもっと沢山つなげてあったのですが、最小で7個をまとめました。今は極細糸でマフラーの縁編みの最中です。こちらは家で仕上げをする予定でいます。

普段の講習の後に、パートさんから質問。 本からの作品なんですが、編み図が良く分からないと。
見ごろと袖を棒針で編んで、裾と袖口を鈎針で模様編みしていくのですが、拾い出しのときに??となったそうで。
棒針で糸端から作り目したところから逆向きに鈎針で拾い出すのですが、長編み数目の後、3目ピコを細編みで足元の長編みにつなぐようなのですが、編み図だとその段は下の段の作り目の上に浮いているような細編みの図になっていて、2段目からはピコの後の細編みを次の長編みにつなぐかのように見えて、どうみたって、ありえない( ! !)図になっています。
3目鎖のあと下の段に細編みをするのかとも思いましたが、そうするとその場所だけへこんで編地がフリル状になりますが、出来上がり写真はそうではないとのことでした。
こりゃわかんないわ~ 私もしばらく悩みましたもん・・・

JIS規格の編み図の細編みは× ヴォーグ式は+になっているのですが、×だとどこに編み入れるのか、特に増やし目の時は不便です。+の場合は縦の足を伸ばせば、編み入れる場所がはっきり分かるので、私はヴォーグ式の方が編みやすいのではないかと思っています。自分で編み図を描くときも、+の印を細編みにしています。

今回の件も、どこに編み入れるかという場所が分かれば問題なかったわけで、点線でつなぐ場所を記載されていれば誰にでも一目瞭然です。特に説明も書いていなかったので、混乱すること間違いなし。かなりの経験者であるパートさん達も頭をひねってたようですよ。

文もそうですが、分かりやすい編み図、説明図というのが大事なんですね。心しようと思った一件でした。

|
|

« ノッティドボタンホールステッチ | トップページ | メリークリスマス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/17455673

この記事へのトラックバック一覧です: ありえない~:

« ノッティドボタンホールステッチ | トップページ | メリークリスマス »