« 12月更新 | トップページ | 原因 »

刺しゅう講座 講師科第14回

キャンバスワークのおまけレッスンの確認(配色を決めた人、刺している途中の人、終わった人、それぞれの確認)をしました。出来上がったものを見せてくださいということなので、宿題提出の時に出さないといけないでしょうね。私のはちょうどキャビネサイズを入れる写真額にぴったりだったので、そのまま額に挟んであります。

参考作品のタペストリも刺したのですが、これになんだかんだと1ヶ月くらいかかりました。27束の5番刺繍糸の代金だけでも結構大変でしたが、ベルプル金具もお高いです。通販で買ったら、上下の金具のサイズが20cmと18cmと違っていて、大きいほうのサイズを送ってもらい、間違ったものを返送した後で、金具サイズが22cmと大きすぎなのに気がつきました。もう面倒なので、そのままつけましたよ(^^;) ちょっと金具がはみ出るんですけどね・・・
付け替えて使えるので、別のものにもいいかもしれません。

シャドウワークでは図案を写した状態の確認をしました。小さい図案を写し、刺し方の練習をしたり、本番布に確認する人も。シャドウステッチの幅をそろえるのが大変です。裏から刺すのですが、私としては表から刺した方が楽なんじゃないかなと思うんですがね・・・今回はテキスト通りにやってみましょうということです。
小さいレッスンは両脇を袋縫いして巾着にでもしましょうね。講習的にはシャドウワークはこれでお仕舞いなので、後は宿題です。1月中には終わらないと~

本日の本題はレイズドワークです。サテンステッチで花びらを刺して、サテンの浮きを押さえるステッチをするのですが、このサテンステッチがけっこう難問です。」いつもの刺し加減では押さえステッチをするときに糸割れがして地布が見えてしまいます。ぎちぎちにサテンを刺した方がいいのですが、これが大変なんです。
時間もかかるし地道な作業が続きます。次回に別のステッチを習います。
次回までにサテンを埋めておかないといけません。忙しい~

|
|

« 12月更新 | トップページ | 原因 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/17265290

この記事へのトラックバック一覧です: 刺しゅう講座 講師科第14回 :

« 12月更新 | トップページ | 原因 »