« ニードルレース | トップページ | ストラップ »

私の針仕事展

千駄木のレッスンのついでに、ちょっと早く家を出て、池袋の「私の針仕事展」に寄って来ました。
蒸し暑かったですね。大汗かきながら池袋駅からイルムスまで歩き(ホームに下りる場所で、結構距離が変わりますね、一番遠いところから歩いたので遠かったです)たどり着いたら、なんと「入場制限」されてました。10分待ちなんて言われて、「せっかく来たから」と待ちました。会場に入っても人がいっぱい。作品をゆっくり眺めるどころではなく、人の隙間から移動しつつ見て来ました。時間もないし、招待券なので自腹を切ってないというのが、あんまり惜しくない気持ちになっちゃったというところなんですが。それでも、一通り、昔の「使われていた作品」を見ることができて良かったです。私もつるし雛を作る身なので、こまごました作品はもっとじっくり眺めたかったんですが。
キルト作品は新作が多かったようです。和布の一部は超厚手だったりするのですが、うまくまとめてあるなあと思うものもありました。洋布を和に仕上げたものもありましたね。布も使い方しだいなんですよねえ。
バッグの作品群はほとんど通り抜けただけでした。同じような感じのトープバッグが多く、ちょっと奇抜すぎて、持って歩けないよと思うものも。
バッグなんかはやっぱり、持って、使ってなんぼだと思っているので。

会場には「順路」をつけて欲しかったです。ただでさえ、人がいっぱい、作品の前に陣取って布を触っている人もいるし(--;)壁で仕切ってあるので、内部は暑いし。ぐるぐる回って、「出口はどっち?」状態で。
できればゆっくり見たいけれど、そうできない人もいるわけです。会場設営も難しいですね。

キルトマーケットもぐるっと一渡り見ましたが、これといって欲しいものも無し、というか、手持ちを使わないとな~・・・という状態なので、何も買わずに出て来ました。

お昼も混まないうちに早めに食べて、日暮里駅まで。

タティングのレッスンは、サイトを見て来てくれた方も含めて、花形モチーフの基本を2種類。リングで作る花の最後のピコつなぎを忘れないように復習してもらいました。宿題はモチーフつなぎでミニドイリーくらいのものを作ってきてもらいます。無理は言いませんが、やっぱりやらないと手加減が揃いませんからね(^^)

次回のオヤもタティングもビーズを入れます。タティングは12月にリースとベルを作るので、事前の準備で本来9回目のレッスンになるものをちょっと早取りです。

|
|

« ニードルレース | トップページ | ストラップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/16469073

この記事へのトラックバック一覧です: 私の針仕事展:

« ニードルレース | トップページ | ストラップ »