« 蝶とタティングブレード | トップページ | トレマーガ タティングレッスンその3 »

ニャンドゥティ パンジーのモチーフ

ニャンドゥティ

パラグアイのレースです。
ヴォーグ東京校でセミナーがありました。通常、レース講座の日でしたので、少し早起きして、午前中はセミナーの方に出席して来ました。
後10分で始まるという時間に到着して、席についたら、お隣が知り合いでした(^^;;;;) びっくり。

パラグアイにはニャンドゥティ蜘蛛というのがいて、世界で唯一、共同で巣を張る蜘蛛なんだそうです。
その蜘蛛の巣をモチーフに、布地に糸を張る要領で、かがって行くレースです。
詳しくは毛糸だま(ヴォーグ社刊)に載っているので、是非どうぞ。

10時から2時間半のセミナーで、最初の30分は、ニャンドゥティレースの説明、蜘蛛の巣の映像などを見せてもらい、2時間でモチーフを制作しました。最初から枠に布を張って、分割した円形を描いてありました。その辺までやるには時間が足りないですからね・・・
手法としては、テネリフレースが根底にあるようで、同様のかがり方をしますが、独特な結びをするものもあり、見せていただいた作品は、極細の糸で丁寧にさまざまな形のかがりが入れられていました。今回習ったものは基本中の基本だそうです。かがり系のレースをやったことのない人には、ちょっと大変だったかな。
完成できたのは2名だけでした(^^)

もっといろいろなモチーフもやってみたいですね。・・・時間がなさそうですが(^^;;;;

午後からはレース講座に出ました。志村先生に習った葡萄を少し作りました。次回の講座でみんなにレクチャーすることになりましたよ。志村せんせ~、どんどん広めますよ~(^o^;)

帰りにはひとつ、展示会も寄ろうかなと思っていたのですが、このところの頭痛、肩こり、首の痛みで、ちょっと体をいたわろうかなとすっぱりやめて、早めに帰りました。寝て帰ろうかと思っていたのですが、文庫本を買ったら、電車の中で読みきってしまいましたよ(^^;;;;; 今夜は早めに休もうと思います。

※ 8周年記念プレゼント実施中 
6月1日付の記事をご覧ください

|
|

« 蝶とタティングブレード | トップページ | トレマーガ タティングレッスンその3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/15359909

この記事へのトラックバック一覧です: ニャンドゥティ パンジーのモチーフ:

« 蝶とタティングブレード | トップページ | トレマーガ タティングレッスンその3 »