« 箱根へ・・・じゃないけれど | トップページ | 春の嵐 »

家庭科

子供が学校から家庭科の宿題を持って帰ってきたのですが・・・
どうも先生がいい加減?なようで。
家に持って帰ると親が手伝ったり作ってしまったりするからと学校にいる間に縫い物を終わらせようとしたらしいのですが、先生自身がお休みしたりして、子供たちが学校で縫うことが出来なかったので、提出を1日だけ延ばして、家に持って帰るのを許したということです。
子供に言わせると、先生の言い分がかなり・・・なようで。(それを直接聞いたわけではないので、なんともしがたいのですが)持って帰ってきたものは、ほとんど縫えていないクッションカバーでした。
説明書もシンプル過ぎて、どこをどのように縫うのか、子供たち初心者には分からないでしょうという代物。
これから「指導」して(決して手伝いません)提出できるところまで持っていこうと思います。

私も説明書は「誰が見ても分かる物」が出来てるかしらね(^^;;;
わが身を振り返る宿題の顛末です。う~む

|
|

« 箱根へ・・・じゃないけれど | トップページ | 春の嵐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根へ・・・じゃないけれど | トップページ | 春の嵐 »