« ハンガリーのボビンレース | トップページ | 刺しゅう講座 高等科第6回 »

日本の家紋

以前から家紋にはちょっと興味があったのですが、書籍となると、べらぼうな値段になってしまう物が多く(洋書には結構払っちゃうんですけどねえ・・・)書店で見かけても、ぺらぺらめくってお終いということが多かったのです。
先日、文庫サイズで手ごろな物を見つけたので買ってきました。

面白いです。本家から分家へどんどん分かれていったのでしょうね。基本の家紋からの変遷が伺えます。
ひとつ紋から二つ、三つと同じ模様が並んで行き、円に入り、白黒が反転し、円の中に部品だけが覗いたり。
あまりにシンプルすぎて「二」「○」など(えぇ~、これで家紋なんだ)とびっくりするものもあり。
我が家の家紋も線が細かったり、右左が逆だったりすると別の物になってしまうので、「これが家の」と断言できなくなりそう(^^;;;;

旦那の実家に行って、着物の紋を見てみないといけないかも知れません、わはは・・・

ちなみに私の購入した物はこれです。家系などの説明は載っていません。デザインとしてみるのにはこれくらいでちょうど良いです。
Kamon


|
|

« ハンガリーのボビンレース | トップページ | 刺しゅう講座 高等科第6回 »

コメント

すずゆうさん

それいいアイディアですね。実家のはそれほど難しくないのですが、旦那の方は「鷹の羽」が入っているので、すごく難しそうですが(^^;;;

本も立派な物が沢山ありますが、手持ちで見る分には1000円台がいいですよねえ。ネットで調べてもいいのですが、書籍の形態が好きなんです(^^)

投稿: NARU | 2007/01/30 09:21

こんにちは~
教室で以前、家紋のキルトを作ったことが
あります。自分の生家とだんなの家の
2つ。それこそ、着物を引っ張り出して
調べました。
生徒みんなそれぞれ自分の家のを作って
つなげて展示しましたが面白かったです。
その時に本も少し見たのですが、立派で
高い本しかなかったような気がします。

投稿: すずゆう | 2007/01/29 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンガリーのボビンレース | トップページ | 刺しゅう講座 高等科第6回 »