« カルチャーセンター体験レッスン | トップページ | フレンドシップキルト完成 »

レースとニットの展示会

レース講座でした。
今日は例のゴールデンコクーンの糸で編み出しているヘアピンレースのセーターの続きを編んできました。
ヨーク部分はテキスト通りに編んでいるのですが、身ごろと袖はアレンジするので、製図しないといけません。サンプル編地も模様編みを考えないと・・・

さて、帰るついでに展示会をはしご。

飯野美智子さんの「貴婦人たちの華のレース」出版記念のボビンレース展「時代を還りて」が26日(火)まで、日本橋高島屋7階「ギャラリー遊工房」で開かれています。
個展ですから、ご本人の作品のみです。全部即売できる形になっています。とても手の出る値段ではないですが(^^;)、作品はじっくり見てきました。ロザリン・バンシュ・ニードルレース・・・手の込んだ作品ばかりです。
ご本人もいらしていて、実演もじっくり見せていただきました。
私なんか、年に1作になってしまっているボビンですから・・・とても手がスムーズに動かないと思うのですが、「いつもの10倍遅く作っています」という先生の言はオーバーにしても、それでもカタカタと早いボビンさばきは手つきも美しいです。いやん、やらなくちゃいけないことは山ほどあるのに、またピローを出してきたくなってきた・・・
ちょい、我慢。刺しゅうの高等科が始まると忙しくなるので、先にやっつけておかなくちゃいけない物が・・・

ついでに足を伸ばして、河野悦子創作ニット展 糸との旅~ニットに華やかさを~ 25日(月)まで、日本橋三越本店 新館8Fギャラリーアミューズ で開かれています。ニットと刺しゅう、ビーズなどのコラボレーションです。
華やかでした。シンプルな編地のニットにつけたビーズたちはたくさんついているのに、ごてごてした感じを受けないのは、配色と配置なんでしょうね。縄編みのダイヤモンド部分に敷き詰めたビーズ刺しゅうも素敵でした。
こちらもびっくりなお値段なんですが、かかった時間を思えば、当然なんでしょう。バッグや小物も出品されていましたので、そちらにも刺激を受けてきました。

太い糸でざっくり縄編みバッグを作ったばかりですが、編地をシンプルにして、モチーフをつけたタイプもいいかもしれません。ああ、まずい・・・優先順位をつけないと、いろんなものがみんな未完になってしまいそう(^^;;;;

|
|

« カルチャーセンター体験レッスン | トップページ | フレンドシップキルト完成 »

コメント

チャップーさん
本は装丁も写真もとてもきれいでした。
一見の価値はあると思います。手元におけるともっといいんですけど(^^;)

レースは鈎針が主流ですからね~
タティング? シャトル?? という感じです。
やっているところを見てもらえば「面白そう」「私にもできる?」という感想が結構帰ってくるんですけどね。
認知度を上げるようにがんばります。
ボビンレースの方が、機械レースのトーションなんかがあるので判りやすいんじゃないかなと思います。

投稿: NARU | 2006/09/24 23:39

こんにちは~

レース展行ってきたのですね(^^)
私は明日見に行きます♪
飯野先生の個展ははじめてなのでとても楽しみです。
本も出版されて、それも楽しみ♪
何か記念のものもあるとか?それも楽しみ♪
ボビンのお友達と行きます。

NARUさんは新しい講座もはじまって忙しいですね。
タティングが少ないのですね?
そういえば、私の地元でも見かけませんよ。
知ってる人しか知らないのですね。
ボビンのほうが知られてるかもですね。

投稿: チャップ- | 2006/09/24 09:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カルチャーセンター体験レッスン | トップページ | フレンドシップキルト完成 »