« 田植え | トップページ | Quaker Sampler 8 »

刺しゅう講座 4回目

ドロンワークの仕上げです。
ヘムかがりをしたあと、飾りステッチをするのと、端を仕上げて房にするやり方です。
束ねかがり、千鳥かがり、柱かがりもバテンレースやテネリフレースですでに習得済み。楽に仕上げることができました。
刺しゅうもレースもパッチも、みんなどこかで繋がっています。
ひとつのことをきちんと習っておけば、応用はいくらでも利くんですね。
(利かせることができるようにがんばりましょ~)

次回からはフランス刺しゅうです。
図案のトレースから入ります。

新宿から市谷までのJRの回数券を買おうとして、何を勘違いしたか、四谷までのボタンを押してしまい、返金してもらって買い直しました。う~ん、どうしたんだ?私・・・

|
|

« 田植え | トップページ | Quaker Sampler 8 »

コメント

チャップーさん
一度覚えてしまえば、後は繰り返しですもんね。
フランス刺しゅうの方が、糸の引き揃えとかに気を使いますね。
金曜は小田急の新宿の改札で、JRの切符と2枚一緒に入れたら、JRのだけ、ポーンと出口から飛ばされて、私はドアに阻まれて落ちた切符を拾えず、係りの人に拾ってもらい、また2枚まとめて入れなおしました。このところ、切符に嫌われてます(^^;)

投稿: NARU | 2006/06/10 11:52

こんにちは(^^)
レースもいろいろあって、刺繍もいろいろあるけど
ドロンワークは好きです!
久しぶりに楽しい手仕事です。

投稿: チャップ- | 2006/06/09 16:43

まだ本科ですからね。ドロンワークといっても、ほんとに基本です。織り糸を抜くときは、ハーダンガーに通じるものがあります(^^;)怖~・・・

ボビンはトーションレースなどは沢山使いますが、ブルージュやロザリン、ロシアンなんかは20本でおつりが来ます。12~16本くらいですかね。2~300本も使うタイプもあるんですが、私の最高は100本くらいかな・・・まだまだ先が長いですねえ。取りあえず、資料をと洋書をせっせと溜め込んでます(^^;)

投稿: NARU | 2006/06/09 00:21

怒濤の6月に突入したんですね(笑)
もうドロンワークも終了ですかぁ!すごいなぁ〜
手仕事って本当に繋がってますもんね、勉強して無駄なことはないですね。
今日は、ボビンのお取り寄せをお願いしてきました。
3種類で50組(100本)です。
これで足りるのか?多いのか?それすら分かりませんが、
とにかくやる気はマンマン!
夏にはスタート出来るかな???

とにかく今月をチャップーさんと乗り切ってくださいね♪
がんばって〜

投稿: teruyo | 2006/06/08 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/10420201

この記事へのトラックバック一覧です: 刺しゅう講座 4回目:

« 田植え | トップページ | Quaker Sampler 8 »