« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

スウェーデンの鉤針編み

やっと情報をゲットして、探してみました。ビアンフェの2002年秋号。
しばらく取っていた時期にみごとにヒット。ファイルに取っておいた中に、しっかり記事が載っていました。
なんだ、ちゃんととってあるじゃん>自分・・・(^^;;;;
次男の入院時期で、「いずれやろう」なんて思って取っておいたものじゃないかな。すっかり忘れ果てておりました。やれやれ・・・

少し試し編みをしてみました。ゆるく編むというので、棒針5号指定の糸を10号の鈎針で編んでみましたが、頭が大きくて、目をすくいにくい。で、先日ゲットしたストレッチ針Eで編んでみました。
いい感じで編めています。
表目、裏目というより、上目引き抜き、下目引き抜きというかんじでしょうか、鎖編みの上1本を取る編み方は横に筋編みのような横線だけが見えてくる編地になり、下1本を取る編み方は縦に引っ張られて縦筋の見える編地になります。
下目引き抜き編みは横より縦に伸びる編地ですね。引き抜き編みだけでできる編み目なんですが、とってもおもしろい。単色だと飽きそうなので、編みこみにするといいようです。あとはロングピッチの段染めもいいかな。
取りあえず、ためし編みだけして、本日は終了。
そろそろ毛糸は暑い季節になってきたので、作品は半年くらい先になるんでしょうか・・・
コットンの糸だとどうなるんでしょうかね(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Quaker Sampler 7

Quaker060501

5月1日に4ヶ月目は出来上がっておりました。
デジカメを次男に占領されていて、画像の処理をしようとすると使っている・・・というジレンマに陥っておりました(^^;)
やっとアップできます。

さて、5ヶ月目も発表されています。動物は今度はリスですね。かわいらしいです。
これで図案のほとんどが発表されて、あとは上部が少し。出来上がりまで追いかけたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

シャトルと口金

在庫切れというか、何というか・・・

シャトルについては・・・
自分用もレッスン用もクロバーさんのを使っていて(日本にはこれしかないからね)、トーカイのお店経由で頼んでいるのだが、10日に発注して、まだ入ってこない。なんとメーカーで在庫切れの状態とか!? ほんとか??
何度か確認してもらって、5個確保してもらった。その後は月明けになるんだとか。
いきなりタティングブームじゃないだろうし、メーカー切れとはびっくり。
レッスンにぼちぼち新人さんが入ってくるので(タティングを教えるところはあまりないんでしょうねえ)シャトルを確保しておかないとお話にならないので・・・今度はちゃんと入ってきますように。

口金については・・・
先日ビーズを入れたレース編みのがま口について、チャップーさんとあれこれ話していて、買い物をしたときに、4.5cmサイズの小さい口金がもうないのだという事を知ったのだけれど、これもトーカイさんでそんな話をしたら、なんと「ホビールミネ」さんが倒産したんだって・・・こちらもびっくり。
ちょっとおしゃれなアンティーク調の口金っていったら、ルミネさんのものなんだけれど、倒産したんじゃあ後は在庫限りだねえ・・・残念ですね。
私は普段はあまり口金は使わないんだけれど、がま口に使えそうな小ぶりなものをいくつか買っておきました。
何かに使えるといいなあと思いつつ・・・ビーズや編み物に使える穴あきのタイプのものです。いずれ考えよう・・・


| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

ぐ~

午前中、タティングのレッスンの後、帰宅してからしばらく検索。
スウェーデンの鉤針編みに興味があって、調べていたのだけれど、結局よくわからない。鈎針自体はペタンコ形に小さい鉤がついているらしい(ストレッチ編みって、これから派生したのかな・・・)。しかし、編み方がわからない。引き抜き編みとあるけれど、引き抜いただけでは編地が長くなっていかないよなあ・・・アフガン編みともちがうようだし・・・しか解らなかった。今度鈎針を自作してみようかな。

そんなこんなしていたら、猛烈な眠気。なんだか解らないけど、こういうときは寝てしまうに限る。体が欲しているようなので。
先週、先々週はめちゃくちゃな頭痛だった。肩こりから来ているのと偏頭痛とが重なってしまったので、久しぶりに頭痛薬のお世話になっていた。今週は少しいいなと思っていたら、今日はめちゃくちゃ眠い。フルタイムで働いている方々には申し訳ないな(^^;)
平均睡眠時間、5時間なので、たまにこういうことがある。

しばらく寝たらすっきり。また、実働に戻ります(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

シェットランドレース 編み図を描く

シェットランドレースのカーディガンの編み図は自分で編んだ時に、とりあえず起こしてあって、それを頼りに編んでいた。
編んでいる時は「ここがこうつながって」「ここは減らさないといけないので、編み図はこうなって」というのはわかっているので、編み図をコピーして赤で訂正しながら試行錯誤していたのだけれど、いざ出来上がってしばらくしたら、すっかり忘れてしまうんじゃないか・・・実はまたサイズ修正しながらもう1枚、編もうと思っているので・・・
そこで、きちんと編み図を残そうと方眼紙を探していた。
最初は5mm方眼を探していて、ソーイング用のを見つけたのだが、方眼がブルーなので、コピーした時は方眼自体が写らない。次に見つけたのが、「灯台下暗し」のパッチワーク用製図用紙。これは方眼もグレーなので、OK。
袖の編み図を描きつつ、それでもまだ、方眼紙を探していた。1枚、編み図を描いて、コピーして切り張りしたものを写していたのだけれど、なんとなく、5mm角では出来上がりサイズも大きいなあと。
そうしたら、編み物用の製図用紙があったのだ。やっぱり、専門のものがあるよねえ・・・

それを使って、土日二日間、せっせと編み図描き。アナログなんだけれど、しょうがない。PC用のソフトも検索してみたんだけれど、私が使いたい用途にはぴったり来ないので、結局、鉛筆描きで描き込んだ。ペン入れは枠線だけ。それでも最初の線を描き間違ったり、修正も多し。とてもじゃないけれど、全ての編み図までペン入れはできないなあ・・・
A2ほどのサイズの方眼紙4枚に、全てのパーツの編み図と製図、縁編みの付け方まで書き込んだものが出来上がった。久しぶりに実働(パッチ・レースなど)をやらない二日間。その代わり、頭をいっぱい使ったような・・・

我ながらがんばったなぁ。財産だね~(^^)

| | コメント (8)
|

コピー機

必須アイテムである。
思えば、11年前、旦那がイギリスに駐在することが決まったとき、引越し荷物のリストをコピーするのに「欲しいな・・・」と思ったことが最初だった。当時は社宅で、集会所にコピー機はあって、1枚10円でコピーは出来たのだけれど、荷物を作ってリストを書いて、引越し業者、旦那、家の控えをいちいちコピーに行くのが面倒になってしまったのだった。どうせすぐに航空便も出さなくちゃいけないし、1年後には家族の引越しも控えている(もちろん、船便と航空便、2回ある)。私もパッチワークの資格を取ったので、プリントを作ることもあるだろうしと、えいやっと購入。
手差しでA4で、それでも当時4万円以上した。相当思い切って買ったことを覚えている。

それからなんだかんだと活躍している。
イギリスに行く時も、航空便の大きなダンボールの中に洋服を詰め、ぎちぎちにコピー機をくるんで入れて持って行った。ロンドンでもNews Agent(新聞を売っている雑貨屋)で1枚5p(約10円)からコピーは出来るのだけれど、我が家にあるのは本当に重宝した。学校からの手紙、ちょっとしたメモ、果ては家の賃貸契約書の控え。
私は自宅で駐在の奥さんたちにパッチワークを教え、そのプリントを作るのに使った・・・その用途が一番多かった。トナー切れのときもあったけれど、パソコン関係のお店で普通にトナーを売っていた、(まあ、イギリスにもその会社は工場を持っているからね)トナーは入れ替えて、回収先に郵送(着払い)した。日本だと、販売店に持っていくのが普通だけれど、なんでもかんでも可燃不燃も一緒くたにして、ダストボックスにほおりこんで埋め立てする国にしては、日本の会社だからなのか、ちゃんとリサイクルしてるんだとちょっと感心した。

ロンドンから帰国する時も、やっぱりリストを作ってコピーを取って、最後の最後まで活躍してくれた。

そして、今も現役で活躍してくれている。
レッスンのプリント、キットの説明書・・・
作り方は最初はメモだけれど(ほとんど殴り書き)型紙などはきちんと線を引きなおして原稿を作ってある。今はタティングの基礎レッスンのプリントを作っているのだけれど、これもコピーして生徒さんに配られる。
今では複合機も安くていいものが出ているんだけれど、やっぱりシンプルなコピー機は使い続けていくんだろうなあ・・・

ただ、欲を言えば、もっと大きなサイズが取れるコピー機が欲しいんだけれど、値段が一気に跳ね上がるので断念。せめてA3がとれるといいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パッチワークキルトサークル ~色遊び 作品展~

茅ヶ崎市民ギャラリーで21日まで開催されています。
友人のキルトが今年のAQSパデューカのキルトショウのセミファイナルに残ったのですが、その作品が出品されています。
綺麗な手染めの布で作ったハワイアンキルトです。この布、私も一緒にドームのキルトフェスティバルで買ったのですが、まだお蔵入り状態で作品に出来ていません。ロンドンにいた時期で、一時帰国の折に出かけて買ったものなんですが、作るならハワイアンだろうなあと思いつつ、「帰国してから・・・」と思い、仕舞いこんでいました。
いざ、帰国したら、次男の入院騒ぎなどですっかりぶっとんでしまい、それきり仕舞いこまれたままです。
日の目を見させてあげたいんだけど・・・今年も無理かな~

さて、展示会場は茅ヶ崎駅北口となり、ロケーションはすごくいいです。会場入ってすぐには和ものキルトとつるし雛、それから中サイズから大物のキルトが並びます。サークルの先生の作品が入り口正面に並んでいます。これも受賞作品なんですね。目を引くのは円形メダリオンを正方形に収めたキルト。計算がめんどくさそう・・・とか思ってしまった(^^;)自分も薔薇窓の時にあれこれ考えたのでわかります。大変です、はい。
ぐるっと回って最後にバッグなどの小物が並んでいます。ん~、私も作らなくちゃなあ・・・触発されてます。物になるかどうかは別として(^^;)、とりあえず、考えましょう。
シンプルなパターンのキルト、凝ったパターンのキルト、いろいろありました。サークルの作品展としては、大物が多かったかな。お近くで、時間のある方は是非。

帰りがけに寄った書店で、アジュール刺しゅうのサンプル本を見つけました。戸塚さんの本です。先日洋書を買ったのですが、やっぱり日本語であるといいよね(^^;) ここでまた刺しゅうモードに頭の中が切り替わってしまいました。
せっせとドロンワークの宿題をすませたあと、やりかけているストレッチ編みのマーガレットも編地が終了。後はゴム編みです。余裕のあるときにやっておかないと、6月が大変そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

刺しゅう講座 3回目

最初におしゃれ工房の6月号をいただきました。
森山先生が月末に出演されるとのとこで、6月号のトップに載っていらっしゃいます。
これは是非、おしゃれ工房を見なくちゃ。
しかし、アトリエの刺繍糸、すごいです・・・私の種々雑多に詰め込まれた糸とは違うわ(^^;)

さて、今回はドローンワークの基本。糸を抜いて、テーブルセンターの形を作っただけで終了です。ヘムかがりが宿題です。延々とやらなくちゃいけないけれど、がんばりましょ~

刺しゅう講座、怒濤の5月の予定だったのが、先生の都合で5月は今回で終わり、6月に3回ということになりました。6月は市ヶ谷に5回行かなくちゃ(^^;;;;
5月は楽になったのですが、その分、宿題を片付けておかなくちゃいけません。

| | コメント (3)
|

ボビンレース展(宮野ヒロコとグループ)

北青山のギャラリーコンセプト21で17日まで開催されています。
宮野先生は名前と作品は本だけで知っていたのですが、実物を拝見するのは初めてです。
絵画的な作品が多かったですね。パーツごとに織り上げて、ドッキングさせるタイプ、レイズドリーフのように降りながら立体的にするタイプ、基本のトーションで50cmはあろうかという大きな円形タイプと、さまざまな作品が並んでいました。
技法もトーション、ロシアン、バンシュ、ブルージュ、クルーニー、フリーといろいろです。
二日続けてボビンを見てきましたが、それぞれに良さがありますね。

やりたい病が、またも、むくむく・・・
いや、まだやらなくちゃいけないものがいっぱいあるので、まだおあずけです。
デザインだけ、頭の隅っこに少しづつ考えておきましょう。いつになるかな(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ホビーショウ

去年に引き続き、行くことができました。今年は10:30現地着だったので、ゆっくり会場を見て回れました。
スクラップブッキングが相変わらず多いです。
イギリス人は部屋中写真立てを飾っていたものでしたが、日本人もそうなりつつあるんでしょうかね・・・
記念の写真とか、結婚式とか、そういうときくらいのものだと思っていたのですが、変わってきているんでしょうか、それとも、単に流行りものなのかな?
 布ものもあったのですが、糸ものがもっと多かったですかね。企業、ショップの出店でいろいろありました。
 オリムパスのレース糸、新色で段染めのモノトーンを見つけました。いつごろ発売になるのでしょうかね。楽しみです。
 出版関係で、雄鶏社のモダーン・クロスステッチ、クラシック・クロスステッチを発見しました。まだありそうですね(^^;)
 カラーフィールドアートブックショップでニッティドレースの本を見つけました。このお店に出会うと洋書を探すのですが、ピンときたものはお高くて手が出なかったり、手の出る値段のものは内容がいまいちだったりが多いのです。
今回は手頃でいい感じ、使えそうです。本は出会いもの、特に洋書は内容を確認して買えることが少ないのでこういう機会はうれしいですね。
 今回、自分の目玉として見に行く予定だったものはチェコのボビンレースの実演です。私の持っているチェコのボビンは糸を巻く部分の上に筒型のカバーをかぶせるタイプなのですが、今回のものはボビンの先がまるまる太ったタイプでした。国によってもボビンの形は変わるのですが、地方によっても違うのかしらね。
ラメ糸を使って、即興で織っていました。パターンは頭の中に入っているんでしょうね。20歳代なのにボビンレース歴23年だそうです。
 去年は一つも体験しなかったので、今年はと、ストレッチ編みをやってきました。昔のヴォーグ社の本で、ストレッチ編みの編み地の載っているものを持っているので、基本に慣れたら試してみたいと思います。
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

刺しゅう講座 2回目

クロスステッチとアッシジの2回目。
斜めに刺していくやり方は、今までふつうにやっていたのとちょっと違うぞ(^^;) ええ~?いいの、これで!?という感じでした。
思いっきり糸を消費します。テキストができたらどんな風に書いてあるのか、楽しみです。
アッシジはホルベインステッチのやり方も。

今回、テキストがまだ出来上がっていないせいで、見本の作品が全部本部にあるということで、作品を生で見せていただきました。そうそうたる先生方の作品です。こういう機会、うれしいですね。
テキストになるのも楽しみです。

クロスステッチ関係はこれでおしまい。宿題がどっさりです。
9月までに仕上げればいいのですが、ほかにもどんどん増えていくので、さっさとやっつけてしまいたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

渋滞

4日に旦那と私の実家に行ってきたのだけれど、連休の初日は避けていたのにすごい渋滞に巻き込まれてしまった。前日ほどではなかったけれど、それでも東名の横浜~御殿場間が20キロ以上の渋滞っぷり。
我が家の場合は途中からの渋滞突入だったんだけれど普段の倍近い時間がかかってしまったので、帰路は国道を通っていくことに・・・
それでも小山町からまた渋滞で止まったり走ったりと言う具合。
出来るだけ横道を走るようにしていたのだけれど、246って、ほとんど1本なんだよね。横にそれても、また246に戻ってくるような感じで。谷あいを走っている道なので、しょうがないのだけれど、相変わらずの大渋滞でした。
疲れたわ・・・

平行して走っている車の中には、埼玉県や千葉県のナンバーも見えて、ただでさえ東名に比べて大回りで時間のかかる道なのに、さらに渋滞に巻き込まれて・・・きっとうんざりして運転しているんだろうなあと思ったものでした。

昨日は私はゆっくり過ごしました。
連休もあと2日。何が出来るかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Quaker Sampler 6

Quaker060427

4月27日現在
フリーチャート4ヶ月目に入りました。
白鳥の斜め上、濃い目の枠に入った動物。耳もないし、鼻が上向いてるし、犬には見えないのですが、何でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

5月更新

本家サイトの5月更新をしました。
更新の最中に、サイト容量を超えているようで、エラーを起こしっぱなしで、なかなか完了できませんでした。
ガーデニングのページをNARU's CAFEに移動して、やっと終りました。やれやれ・・・

今回、パッチワークの更新はありません。ぐりさん達と共同でフレンドシップキルトの制作中なのですが、これはまだ発表の段階ではありません。4月はレースと刺しゅうで追われてしまい、気がついたら、パッチのストック切れになってしまいました(^^;;;;
メインコンテンツはシェットランドカーディガンの白バージョンです。
仕上げ状況も載せましたので、ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »