« 卒業式の思い出(in LONDON) | トップページ | ニット・ファッションショウ »

クルーニータティング

tat-cluny1

上のモチーフの葉っぱのように見える部分、これがクルーニータティングという技法で作った部分です。左手の指を総動員しないと出来ないパターンなんですが、これを道具を使って簡単に作ってしまった優香さんに脱帽です。考えましたね~詳しくはこちらへ

|
|

« 卒業式の思い出(in LONDON) | トップページ | ニット・ファッションショウ »

コメント

何にしろ、糸を引き揃えてきれいな形にするというのは、むずかしいですよね。
ボビンも刺しゅうもバテンのステッチも然り。
タティングは手が引きつりそうになって、もっと大変です(^^;)

投稿: NARU | 2006/03/04 07:45

クルーニータティングは経験無いけど、素敵なモチーフですね。タティングじゃないものではボビンと刺繍で同じ様なものを作った事はあるが、それでも揃えるのが結構難しいのだった。
それだけに私も道具を使う事を考え付いた優香さんに脱帽モノです。

投稿: Erkki | 2006/03/03 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/8922440

この記事へのトラックバック一覧です: クルーニータティング:

« 卒業式の思い出(in LONDON) | トップページ | ニット・ファッションショウ »