« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

Quaker Sampler 1

Le Quaker à 6 Mains
クェーカースタイルのクロスステッチのサンプラーを6ヶ月で仕上げましょうというフリーデザインのチャートに惹かれて、つい始めてしまいました。
ブルーのサンプラーというのも惹かれた一因かも。
ごそごそと在庫を探したら、ありました~ その名もQuaker Cloth。28カウントのRow Linenです。
ロンドンにいたときにリバティで買った中に入っていました。
これはもう、「やりなさい」という天の啓示!?だと思って、ぼちぼちやってます。
でも、やらなくちゃいけない事がたくさんあるのに、とりあえず毎日刺してるので、一か月分はあっという間に出来そうです。

こんなことをやっている時間、ないはずなんだけど・・・(^^;)

Quaker0629
6月29日初日

Quaker0631
6月31日現在

ブルー系の在庫糸をいろいろ使っています。普段は使わないような段染めも使っていますが、綺麗に色が変化するように刺すのは結構頭を使いますね。

| | コメント (0)
|

メンテナンス後 不具合・・・

メンテナンスの後、書き込みできなかったり、ココログのロゴがよけいに大きくなってしまって、しかも削除も出来ないし、すっきりしたブログを目指しているのに、余計なものばかり付いてきて・・・
ついでに記事も英語表示に勝手になってるし。
それを個人でいちいち確認取って、直せというんだからねえ・・・

で、確認取って直しました。そしたらコメント付けるといちいちアルファベットを読み取って入力しなくちゃいけなくなってる。スパム対策はいいんだけれど、あまり面倒だとコメントを付けるのもいやになっちゃいそうですねえ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

腰がぁ・・・

痛いです。
内科の診察のついでに整形外科に寄ってきました。

元はといえば、昨日、スイートピーなどの苗を庭に植え替えようと思って、スコップで掘り返していたら、大きな石にガツンと当たり、踏み込んだ足を伝わって腰に響いてしまったのです。
しばらくはよかったのですが、夕方からどうもおかしい。
座っていて、ぱっと立とうとしたり、ちょっと姿勢を変えたりすると、痛みが走る。
腰をさすってうなっていたら、旦那が「お袋が昔、自治会の運動会で転んで3年くらいコルセットを付けてたから、診てもらった方がいいよ」と言う。
6年くらい前に階段落ちして、尾骨骨折したこともあるし、股関節もあまり強くないし・・・
念のために診てもらうことに。

内科は貧血の経過観察。また鉄剤をもらってしまった。フェリチンが足りないんだよねえ。
整形外科では、「軽いぎっくり腰状態」と言われ、ちょっとショック・・・
スコップがガツンと当たっただけだよ。え~ん。
肩こりとか体が硬くなっているとなりやすいんですと。ストレッチなどをしっかりしましょうと言われてきました。
薬は痛み止め、筋肉をほぐす薬、胃薬。インドメタシンの塗り薬。
朝から晩までいろいろな薬漬け。早く脱却しなくちゃ。

ついでに言うと、スイートピーの種は100円ショップの某ダ○ソーで買ったものですが、6粒のうち2粒はカラスノエンドウの葉っぱが出てきました。種は大きかったんですけどね、どうみても食用のエンドウ豆にもならない葉っぱです。
もうそこでは安くっても種は買いません。あんまりだもの。
残った4粒はちゃんと大きくなったのですが、移植したのでどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春 桜咲く

旦那の実家の花たちと箱根からの風景です。

桃の花。綺麗なピンク色です。おいしい実がなってくれるでしょうか。
20060326-1

桜草。 少し藤色がかった白い花。この色は夕方になるとぼうっとそこだけ明るくなるような色です。
20060326-2

ふきのとう。 すみっこにこんなものも・・・
20060326-3

箱根の麓ではこんなに開いている桜がありました。
20060326-4

少し遠景にしてみます。
20060326-5

箱根へ上る途中の花。 これより上の花はまだつぼみが固かったです。
20060326-6

箱根から三島、沼津方面。 かすんだような天気でした。
20060326-7


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

これは相当・・・

旦那の実家に行った帰り、旦那が眼鏡の位置がずれるというので、ショッピングセンターの眼鏡やさんへ。
その後、時間があったので、ショッピングセンター内のマッサージやさんに行くことに。

「これは相当凝ってますねえ」
もう頭痛がするくらい、相当なものです。このところ、なんだか毎日あれこれやっていたので、肩も首筋もごりごり。
20分のマッサージくらいでは、とうていほぐれませんでした。しかも、帰宅後もう、もみ返しが来てる。
運動不足ですね、はい。わかっちゃいるけど・・・ねえ。

温湿布も買ってきたので、血行を良くすることに努めましょう。

箱根越えで往復したのですが、麓はともかく、山の上はまだ桜には早いです。
実家近辺で取った画像は処理でき次第、アップしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アイリッシュクロッシェのモチーフ

irish-m1

アイリッシュクロッシェのモチーフを作りためています。
少しづつ・・・

いずれウエアにしようと思うのですが、廃盤糸なので、あるだけです。15巻き買ってあるので何とかなるだろうと思っているのですが、もったいないので芯の糸はダルマの絹のレース糸です。色味が違うので芯が見えないように気を使います。
グリーン系の糸もダルマにあるのですが、トーンが違いすぎて、色が出たときにすごく目立ちます。
シルクの糸同士で編んでいるので、シルク特有のきしきし感がすごくいいです。
でも、ちょっと糸割れしやすくて、編みにくい時も・・・

使用糸:インペリアルスーパーシルクNo.6 エクトリー
     絹のレース糸No.8 ダルマ 

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

世界一!

やりましたね~
世界一っていい響きです。
おめでとう王ジャパン。
ひやっとした回もあったけれど、気持ちよく見られました。

また今日明日はスポーツ番組はこれ一色でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

絹糸でかがる 加賀のゆびぬき

大西由紀子さんの本が出ます。発売は25日なのですが、我が家には今日到着しました。
というのも、大西さんから直接サイン本を送っていただいたからなのです。
このところ、とみにミーハー(死語?)と化していますが、たまたまシャトルとか本が重なっているのですよ。
これで4月になったら、別の本も届く予定で・・・お小遣いを節約しないと(^^;)

内容は、基本のうろこから応用編もたくさん載っています。自分で解読していたものが正しかったことを再確認して、うふふ状態。しばらく指ぬきを作っていなかったので、こちらも再開したいなと思っています。
指ぬきの写真も実物の何倍もあるサイズで、9号の絹糸がずいぶん太く写っています。1本1本がとても美しいです。私も綺麗に作らないといけませんねえ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

パラリンピック閉会&WBC

パラリンピックもメダルを9個獲得しましたね。でも、やっぱり報道は少なかったです。オリンピックに比べて本当に扱いが小さい・・・
障害があっても、それをはねのけて努力する姿は美しいです。うちの子供達にもそういう努力を見習わせたいです。

WBCも、勝った試合は何度見ても楽しいです。思い切り力を入れて応援してしまいました。
明日は決勝、キューバですが・・・ 勝て!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

卒業式

長男の中学校卒業式が行われました。
中高一貫校なので、ほとんどの子どもがそのまま同じ敷地内の高校に進学するのですが、義務教育終了ということでもあり、きちんと卒業式が行われます。
相変わらず、御挨拶が長いです>先生方・・・
小学校のように呼びかけなどはしませんが、在校生代表、卒業生代表(それぞれ新旧の生徒会長だったりします)の言葉もしっかりしていて、やっぱり中学生だなあ・・・と感じます。
卒業式といえば思い出す、あのオーバーヒートはさておいて、今日は旦那の運転で、珍しくそういう式に「お父さん」も出席でした。土曜日だったので、夫婦揃って出席された方は多かったみたいです。

さて、謝恩会は・・・
爆笑でした。子供達が出し物として、クラスごとに合唱をしたのですが、カツラをかぶってみたり、先生まで引っ張り出してみたり、パフォーマンスにみんなで大笑いでした。
しんみりした雰囲気などどこにもなく(ほとんどまた同じ面子で4月から高校生ですものね)大爆笑のうちに終了。
穏やかなお天気のうちに帰宅することが出来ました。帰宅してしばらくしたら雨・・・
お天気にも恵まれましたね。2日前だったなら、大嵐でしたから。

4月には入学式があります。こちらは平日なので、私だけの出席の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

透明シャトル到着

アトリエ優香さんのところから透明シャトルが到着しました。
絵付きばかりのセットと、絵付き1個透明4個のセットで計10個が到着です。
ごく薄くブルーの入った透明なシャトルは美しいですね。
実家が金型をやっていたりしたので、プラスチックとみると、ついバリだとか傷だとかを見てしまうのですが、透明ものは隠しようがないので、一番気を遣うのです。
これはクロバーさんの型も綺麗なんですねえ。
娘にこういうことを言うと、「また、そういう細かいことをつっこむ~」って言われそうですが。
シャトルのペイントも綺麗です。こういうのを見ると、自分でもやろうかなあ・・・って思うのですが、そこまで手を出してしまうと、ただでさえ守備範囲が広いのに、どれもこれもが中途半端になりそうなので、手を出さずにいます。

シャトルを眺めて幸せに浸っています。さあ、何の糸を巻こうかな・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

準決勝 進出!?

棚からぼた餅というか、他力本願というか、とりあえず準決勝進出おめでとう、王ジャパン。
またまた韓国戦ですね。
今度こそ~ 絶対勝て!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

確定申告

一応教室を持っているので、確定申告をしているのだが、トーカイのお店の方であらかじめ源泉徴収税を引かれた分を、取り返すだけになっている。材料費などで下手すると赤字だったり・・・
一番かかるのは、今自分が払っている講習費かな。自分への投資がまだまだかかりそうです。

今年はそれに医療費の還付申請もしなくちゃいけなくて、医療費のレシートから一覧を作って書き写すのが大変。
エクセルとかきちっとやっておけばもっと簡単に表作成が出来るんだろうけど、暇がない。その暇に作品作った方が・・・とか思ってしまうので、なかなか。

健康保険組合から、年間の医療費の一覧が来るのがいつも3月15日ぎりぎりで、確定申告を先に郵送したら、その日に旦那が会社から一覧を持ってきた・・・郵送2度手間、あぁ・・・
でも、この一覧がないと引き落としになっている会社の診療所の分の医療費が確認できないし、今回戻りもあるしね。やっと計算して、還付申請書を書いて、発送。やっと終わったよ(--;)

さあ、気を取り直して、パッチワーク倶楽部のお題のバッグを作らなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パラリンピック

パラリンピックが開催されています。日本人もずいぶん活躍しているのですが、どうも報道が少ないですね。
アテネの時も思ったのですが、NHKでも一日1時間程度しか放送されないし、もっとたくさん競技も見てみたいですね。
トリノオリンピックの時は金が一つきりだったのに、金1銀3銅1(15日現在)です。すごいじゃないですか。
なのに、スポーツニュースでも、「あれれ?」の扱い。
なるべく夜8時の番組は見るようにしているんですが、もっとがんばっている姿を見たいです。

WBCの野球もちゃんとチェックしています。メキシコ戦はきれいに勝ってくれましたね。明日の韓国戦、負けられません。
どっちもがんばれ!日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コサージュ

昨日は寒かったですね。一時は結構雪が降っていましたが、湿り気の多い雪だったので、積もらず、午後から晴れ間も見えたので、道路はすっかり乾いてしまいました。今朝もまだ、かなり冷え込んでいます。

長男の中学卒業式に備えて、スーツは買ったのですが(いつも同じものばかりじゃね・・・)コサージュは手作りのものをと、タティングレースと鈎針を駆使して製作中です。
素材はモヘアとレース糸。あとパールビーズを付ける予定。ふわふわした感じのコサージュが出来上がりつつあります。出来上がったら、また画像をアップしますね。
入学式もあるので、こちらはリボンで作ろうかと思っています。(そんな暇あるのか>自分・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ボビンレースの本

さて、越前屋さんでゲットした本。普段ネットで通販の本を入手することが多いのですが、たまたま見つけて、手から離れてくれなかった本です。洋書はお値段もすごいけれど、日本ではレース関係の本はなかなか無いですね。あっても、すぐ絶版になってしまうので、本だけは出会いものと、気に入ったものはなるべく買うようにしています。いつまで、資金が続くやらですが。

Mick Fouriscot - Nathalie Hubert
La guipure du Puy
Editions Didier CARPENTIER  20ユーロが4200円でした。
フランス語です。プリッキング図はないですが、作品のテープレースの反対のぺージに同サイズの織図が出ていて、さらに詳しく色分けされた拡大の織り方が描かれています。写真も綺麗。織り方としては、クルーニーが主体でしょうか、見ていて、やりたい病むくむくの本です。
この会社の本で、Cluny de Brioude(クルーニーの本)をイギリスにいた時に購入してるのですが、こちらも丁寧な図解付きでとてもいい本です。英語の注釈がついていれば、少しは文章も理解出来たかなと思うのですが。
フランスの本は私が入手したものはとにかく写真が綺麗です。綺麗な見せ方を知っているなあという感じですね。
巻末に同社の出版本が載っているのですが、表紙だけでもそそるものがいくつかあります。
見つけたら買ってしまいそう・・・とっても怖いです(^^;

2841671550

2841670902

画像はアマゾンフランスからいただきました。画像にリンクさせてあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

銀座・日本橋の展示会

3月になって、また刺繍などのニードルワークの作品展が増えてきています。
金曜のレース講座のついでの帰りに寄っていくので、時間的にもそうゆっくりはしていられないのですが、それでも3カ所の展示会を見てくることが出来ました。本も買って、(これは別コメントで)大満足だったのですが、荷物がただでさえ多かったので、帰りは腕ががちがち、ラッシュアワーで棚にも足下にも置けず(蹴飛ばされるのが怖いので、置けはしないのですが)相当肩と腕に負担をかけてしまったようです。今日もまだ痛し・・・

まず、東京近代美術クラブにて、「ニードルワーク展{パリで散歩}」 mai刺しゅう教室
フランス刺しゅう、フリーステッチ、クロスステッチ、アウトラインをメインにした線刺しの刺しゅうの展示会です。目につくのが25番刺繍糸1本取りでこれでもかと埋めたフレンチナッツ。お疲れ様~ 細かい花の刺しゅうが多いので柄、フレンチナッツは出番多いですね。パリの街を黒をメインに線画で描いた刺しゅうは楽しかったです。

次に、千疋屋ギャラリーで「うらたすみよ織工房展 糸日和」
シルク・ウール・麻などのさまざまな素材を使った織の作品展です。どの作品も色合いが落ち着いていて、使うためのものといった感じ。マット、マフラー、ショール、間仕切りなど、配色センスも素敵な作品ばかりでした。

それでついでに越前屋に寄ったら、ボビンレースの本にふらふらと・・・

気を取り直して、日本橋三越まで。NHKのハート展、小中学校生の発明作品コンクールみたいなものもあったのですが、こちらは時間がないので、さっと通り過ぎて、「刺繍絵画展 -オノエ・メグミの花刺繍-~野バラを描く~」へ。生徒さんも多いので、作品数もすごいです。同じ作品の競作もたくさんあったのですが、やっぱり野バラの作品は圧巻でした。でかい!どれだけ時間をかけたんだろうかと思います。私も時間がないなんて言っていられないわ・・・ 作品達も売約済みになっているものがたくさんあって、「この値段の作品を買えるのね。すごいなあ・・・」と感心。私にはとてもじゃないけれど、そんなお値段出せません。時間かかっても、自分の作品を作ります。はい。
そのあと、8階のクラフトショップをあちこち見て回り、パピーさんできれいな薄いパステルの多色段染めと無彩色のモヘアを1玉ずつ買ってきました。コサージュを作るつもりなんですが、さてどうなることやら・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

梅の競演

20060305-3
梅林の様子です。それぞれの梅の様子をご覧ください。

20060305-1

20060305-2

20060305-4


20060305-5


20060305-6


20060305-7


20060305-8


20060305-9


20060305-10

20060305-11

20060305-12

早咲きの桜です。
20060305-13

20060305-14

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

観梅

久しぶりに旦那と出かけた。
花見をしようというのだけれど、出かけたのが午後2時ごろになってからだったので、近場で・・・小田原の曽我の梅林へ行ってみた。
例年、梅まつりは2月1日から28日までなのだけれど、今年は寒くて咲き出しが遅かったので(2週間くらい遅れたらしい)まだ、梅畑を開放していた。そう、梅を愛でるのが最初じゃなくて、梅を取るのが目的の畑をこの時期だけ開放して見せてくれているのだ。観光協会も力を入れて、「梅見のスポットの地図」が立ててあったり、特産品の販売もあったり、軽食が食べられるようにしてあったりする。

駐車場は無料なのだけれど、会場まで結構歩く。山の急斜面に広場があって、そこに止めるのはいいけれど、あとで登ってくるのに汗をかいてしまった・・・
梅の花はいろいろあって、定番の白、ほんのりピンクのかかったもの(白と並ばないと判らないくらいのほんのりさ)ピンク、紅梅、八重の白、ピンク、赤、しだれ梅・・・畑だよね・・・梅を取るときに混じってしまわないのか、それとも、サイズだけで選別するのか?と、変な想像してしまった(^^;)
梅の香りも素敵。甘いんだけれど、すっきりしたかんじもあって、幸せな気分。
他に数本、桜が混じって咲いていて、早い種類なのかな。(南足柄では「春めき」と言う種類の桜を最近では植えているそうで、小学校にも植わっている。卒業式の頃、満開になる早咲きの桜)
ぽかぽかと暖かく、散策にはもってこいの上天気。

土曜は手作りのニット、日曜は梅といいものを続けて見させていただきました。
画像は旦那のデジカメを借りて撮ってきたので、そのうちアップいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ニット・ファッションショウ

ヴォーグ学園のニット・レース・手織り・テキスタイルアート関係の生徒さんの作品を一堂に集めた展示とショウが行われました。
今日は、根回しが効いていて(^^;)ちゃんと朝から出かけられましたよ。
開場は10時半だと言うのに、既にずらずらっと並んでいて、席はチケットの人数分あるはずなんですが、やっぱり近いところから見たいんですね。皆さん、お早い・・・
ショウは前回と同じく、講座に通って半年の方から、指導員講座の方まで経験はいろいろなんですが、きれいに出来上がってますね~ モデルさんが着ると何であんなにすっきり見えるんでしょうか、ニットのスーツなんて、普通は体の線がパッチリ出てしまうので、私なんかは恐ろしくて着られません(^^;
着こなしも参考になりました。作品もごく普通のセットインスリーブのセーターからスーツ、ドレス、ウエディングドレスまで、手織りの布をスーツに仕立てたものから、ニードルパンチミシンで布やニットに別の布などを叩き込んで作った布地を使ったウエアなど、今回はちょっと違った作品もありました。
でも、私はやっぱりレース関係のものに目が行ってしまいますね。アイリッシュクロッシェのドレスは壮観でした。糸がすごく細そうです。先日の先生の話では絹糸じゃなかったかしら・・・光沢がきれいでしたね。
最後のドレス関係の6点は全部、黒か白。モデルさんがみんな並んだところはそれぞれ素材感の違う黒と白のドレスが引き立ってましたね。ドレスなんか作る予定もないのですが、いいなあ・・・と眺めてきました。

帰りに随分と寄り道して、京橋の越前屋さんまで。刺しゅう糸と麻布を買ってきました。土曜日ははぎれがお安くなっているのは知っていたのですが、なかなか行けない曜日なんです。今回、思い切って、買い込んで来ました。と言っても、たいした量ではないんですけどね。
さて、何に使おうかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

クルーニータティング

tat-cluny1

上のモチーフの葉っぱのように見える部分、これがクルーニータティングという技法で作った部分です。左手の指を総動員しないと出来ないパターンなんですが、これを道具を使って簡単に作ってしまった優香さんに脱帽です。考えましたね~詳しくはこちらへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

卒業式の思い出(in LONDON)

昨日はすごい雨で、一時は相当に降っていましたね。各高校の卒業式が行われたようですが、あいにくのお天気で(毎年、この時期は寒かったような気もします)大変だったろうと思います。
卒業式の思い出といえば、いろいろあるのですが、ロンドンにいたとき、娘の日本人学校の卒業式の日、大変な目に会ったことが一番印象に残っています。

日本人学校では高校になると現地の学校というわけに行かないので(英語力が相当ないとついていけません)、ヨーロッパ各地の日系の学校を探すか、帰国受験ということになります。イギリスに2箇所、スイスに1箇所、デンマークに1箇所有名な日系の高校課程の学校はあるのですが、全寮制なので、我が家では帰国受験ということになりました。

我が家では旦那が会社まで乗っていく車と、私が子どもの送り迎えや日常に使う車と2台持っていました。
年末から私の使っている車のヒーターが働かなくなり、「あれ?」と思っていたのですが、年明けに受験のために県庁まで「帰国子女受験のための書類」を取りに言ったり、学校の説明会に行ったりと言う予定があったので、ディーラーに持っていくのを帰国後にしようと予約を取りました。
一時帰国するのは私と娘だけ。長男、次男は小学校のお友達の家で、夕方旦那が迎えに行くまで面倒を見てくれることになり、1週間の強行軍で帰国したのでした。ヒースロー空港まで、私の車か、旦那の車で行くか、相談したのですが、ヒーターの効かない車だと寒いよねと、旦那の車で送ってもらいました。
日本でいろいろ手続きをし、学校訪問して3つの高校を見て、1週間で帰国し、2日後には卒業式。受験のために卒業式は1月中旬なのです。娘はスクールバスで出かけ、後から私も車で学校まで。家から学校まで30分はかかります。しょっちゅう渋滞するので、余裕を見て、1時間くらい前には出たでしょうか。
学校まであと10分もないくらいまで来たら、車の温度計ががんがん上がってくる。
「え?ええ!?」あわてて路肩に寄せ、2車線の横にバス停のためにスペースが大きくとってあった所にやっと止めたら、フロントから煙が・・・「オーバーヒートだ・・・」真っ青になりました。当時、携帯も持っていないし(普段必要をあまり感じていなかったのと、もうすぐ帰国になるかもしれなかったので、買っていなかったのです)見渡す限り、電話もないし、しばし呆然。気を取り直して、近所の家に助けを求めることに。

幹線道路で、反対車線には渡れなくなっているし、車を止めた近所には数軒のセミデタッチドハウス(長屋状態にくっついている家です)、見るからにあまり柄がよろしくない。いたずら書きがあったり、ガラスが割れていたり、4軒のうち、どうやら住んでいるのは2軒だけのよう。1軒は留守で誰も出ず、もう1軒は出て来てくれたのがでっかい黒人の男性。(うわ!!)と引きそうになったのですが、緊急事態なので、必死に説明し、夫に電話をしたいので、
電話を貸してくれるように頼んだら、「いいよ」と返事してくれて、電話機を貸してくれたのですが・・・通じない。
全然かからなくて、どうやら、回線自体、繋がっていない様子。(止められてるんだ、これは!)と思い、お礼だけ言って車まで戻ってきた。その間、20分くらい。もう卒業式の開場まで時間が迫っている。

どうしようと思いつつ、とりあえず、エンジンをかけてみる。ブルブル繰り返して、かかった!温度も高めだけれど、レッドゾーンまでいっていない。そろそろと動かして、とりあえず、いけるところまで行ってみようと決心。
大きなラウンドアバウト(円形にぐるぐる回る交差点)を通り越した時にはほっとしました。こんなところでエンストしたらえらいこっちゃ。なるべくエンジンに負担をかけないようにゆっくり運転で、学校まで到着!レッドゾーンぎりぎりで、冷や冷やしながらの運転。卒業式も始まりそうだったけれど、とりあえず職員室で電話を借り、旦那に電話して、事の次第を報告した。式後、もう一度電話することにして、やっと式に参列。
卒業生が整列して、並んで入るところを横からすり抜けて、講堂へ。そこで娘に「遅れてるから、どうしたかと思った」と言われ、「車がオーバーヒートした!」「えええ!!」と回り中ひと騒ぎ。

式後、写真を撮ったり、大騒ぎのあと、また電話。「エンジンを冷やすといい」と言われ、ボンネットを開けて、タンクに水を入れ、帰路に。
ところがやっぱり、15分くらいしたら、温度計がレッドゾーンに・・・ちょうどディーラーまであと5分くらいのところだったので、だましだまし運転して、やっとのことで持ち込んだ。車を預けて、娘と二人、1時間以上かけてバスで帰宅。ものすごい疲れて帰ってきた。旦那に長男、次男の迎えを頼んであったので、私たちが帰宅したあと、すぐに帰ってきて、事後報告。めちゃくちゃ、疲れた卒業式だった。

翌日、ディーラーから電話。「電気系統がいかれてて、それでうまく働かなくなった」と。そんなに古い車でもないし、丁寧に乗っていたし、日本車だし・・・それでもそういうことはある。その前に乗っていた車はオートマなのに、交差点でエンストして、びっくりしたことあるし。パンクしたこともあるし・・・
車に関しては、日本にいた時よりも、いろいろな経験しましたねえ。
車を取りに行くのに、バスでまた1時間以上、学校の迎えにも遅れ、散々な目に会いました。やれやれ・・・

でも、ヒースローまで私の車で出かけていたら・・・途中で動かなくなって、飛行機に乗り遅れて、予定がみんな狂ってしまったのかと思うと、まだ良かったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

3月更新

2月はあっという間に終ってしまいました。
あいかわらず、ばたばたと過ごしています。
本家サイトの3月更新をいたしました。

今回は12月までに作った加賀のゆびぬき(年明けから作ってない~!)
ボビンレースのイースターエッグなどをごらんください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »