« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

パートナーシップキルト

pine-pattern


おしゃれ工房で募集しているパートナーシップキルトのパターンを先日送付しました。
南の島をイメージするキルトというお題なので、無難にハワイアンパターンでパイナップルを作ってみました。
長男にチューリップ?とか言われてしまったのですが、キルトすると変わるんだよ~・・・
手元にもう1枚、作って残してあります。さて、そのまんま、ミニキルトにするか、って、前にもパイナップルでミニキルト作ったよなあ。しばらく保留します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

台風一過 しかし・・・

台風11号は幸いにして、近くを通り過ぎたにもかかわらず、大きな被害もなく、金曜はしっかり晴れてくれて、レース講座にもちゃんと行けることができました。
でも、やっぱり、安全運転? 小田急の快速急行に乗ったのに、20分くらいは遅れたような・・・おかげで遅刻してしまいました。子どもたちも部活があるので、起こしてから出かけたのですが、なかなか起きてくれなくて・・・そのせいで、結構ぎりぎりの出発だったからね。なんだかんだ言って、都内までは遠い。

台風後のフェーン現象で、めちゃくちゃ暑い日でした。フライパンにお湯はって、じわじわ火をつけられたよう・・・
帰りまでむちゃくちゃ暑くて、参りました~
講座では、出来上がったシェットランドレースをお披露目して、次回作のための模様のためし編みを見てもらって(これはアクリルの極細糸)、シェットランドヤーンでのゲージ取りのために模様を書き出して、実際に編み始めました。きつめの編み目がいいだろうということで、なんと棒針0号で編みます。2号から始まって、段々細くなってきます。けっこう手首にきそうだなあ・・・
これも、ゆっくり進めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シェットランドレース その15

shet-0806a

糸が届いたので、未ざらし(ナチュラル)の糸を使って、縁編みをしてみました。
縁編みの段数とセンターの段数を計算してあわせたのですが、ぴったり。
今回は失敗なしです(^^;)

shet-0806b

これもドレッシングして仕上げます。

この作品はおしゃれ工房05年6月号の嶋田先生の作品を元にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

またまた台風

また台風が来てますねえ。もろにストライーク!!なんですよねえ・・・
昨日から、目も鼻も頭も不調です。頭は普段から・・・?
目と鼻はアレルギーでぐちゃぐちゃ、ぐずぐず。頭は頭痛で。さすがに頭痛薬のお世話になりました。
中学の部活動も昨日のうちに、今日のお休みが決まってて、子供達はのんびりしています。
私も思いきり、寝坊しちゃった・・・旦那は普段通りに出勤だったので、ちゃんと間に合う時間だったんだけど。

明日はレース講座です。今月は1回しかないのに、台風では行かれるかどうか・・・今日はすでにロマンスカーなどの運休が決まってます。明朝までに通り過ぎてくれるといいんですけどね。

どうせ来る台風ならば、雨の足りない地方に行ってくれるといいのにね。
もういらないぞというところにばかり、来ますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Celtic Autumn その3

cross-autumn7-27

7月27日現在
スカートの紫部分はほぼ終わりです。
金糸が入るとすごく綺麗なんですが、刺し終わるまではややこしくて、あとから刺し忘れに気がつくこと多し。

cross-autumn7-29

7月29日現在
上半分です。文字も紫なので、早めに終ったのですが、今回の色は糸の関係で、グラデーションがきれいに繋がってませんね。くっきりはっきり、色の差が出てます。

| | コメント (2)
|

シェットランドレース その14

残った糸10gで何ができるか・・・
次回作のためにスワッチ(ためし編み)を編もう!ということになり、目数を計算して、小さいものを編み始めました。縁編みには足りないことが判っているので、直接イギリスに糸を注文かけました。

shet-0706e
残った糸はこれだけ・・・

shet-0711a
小さいのでくしゃっと見えますが・・・

この作品はおしゃれ工房05年6月号嶋田俊之さんのシェットランドレース「シャボン玉の詩」のパターンを使っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Celtic Autumn その2

cross-autumn7-17a

cross-autumn7-17b

7月17日現在
スクロールフレームなので、一度に全貌を見るのはできません。半分づつになります。
紫系がだんだん埋まってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Celtic Autumn その1

cross-autumn7-14


7月8日から刺し始めたCeltic Autumn 7月14日現在の画像です。
色でまとめて刺すので、顔から始めることが多いですね。あとで、手の位置が微妙にずれているのがわかったりして、何度かほどくんですが・・・

最近、気になっていること。英語の発音なんですけど・・・
Celticは「Celtの(ケルトの)」なので、ケルティックが正解なのですが、なんで、セルティックってみなさんおっしゃるんですかね。細胞のCellなら「セル」なんですが、決してCellticじゃないです。ケルティック。
Tattingもタティングであって、タッチ(Touch)じゃないです。最初に日本で紹介された人が間違ってしまったのが、そのまんま残ってるんでしょうねえ。キルトの世界でも、ケルト紋様をセルティックとしているんですが、大間違いです。サッカーのスコットランドプレミアリーグでも、ケルティックでしょ。本当は。サッカー関係だと、フラムをフルハムって言ったり・・・(バッキンガムをバッキングハムとか、バーミンガムをバーミングハムとか、ベッカムをベックハムなんて、言わないでしょ?) 
辞書をひけば、すぐ発音だって、わかると思うのですが。 おかしいよねえ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

sakusaku

このところ、未確認情報が錯綜していたのだが、sakusaku(TV神奈川の番組)のご意見番こと、金子真人さんがくも膜下出血で亡くなってしまった。まだ、35歳。若すぎます。今日、公式に番組のサイトで発表になったので、こうして書いています。

我が家はたまにsakusakuを見る「ヌケサカー」(抜けsakuerというのらしい)なのだが、先日のパペット降板騒動で、またしばらく集中して見たりしていたのだけれど・・・
私の母も17年前、くも膜下出血で、生死の境まで行き、私も父や妹と泊まり込みをやったり、介護をしたりしたのだが、くも膜下というのは、出血の量と出血部位で生還するか、亡くなってしまうかどちらかで、障害が残るのもそうひどくはないらしい。(脳梗塞とかに比べての話だろうと思うけれど)幸い、母は見事に生還し、障害は残っていない。(本人に言わせると、新しいことは覚えるのが大変だし、細かいことはやれなくなったと言うのだが、、、年のせいもきっとあるよ)
まだ、金子さんは35歳、まだまだいろいろなことに未練があっただろうと思う。人生何があるかわからない、毎日毎日、少しづつでも、できることをやっていかなくちゃと思っている。
ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

シェットランドレース その13

梅雨が明けても、なかなかできないでいたシェットランドレースのドレッシングをしました。
土台になるのは、大きなダンボール箱。これを開いて、裏に棒を渡して、型崩れを防いで、古くなったビニールクロスをかけ、いらなくなったシーツでくるんだもの。ほぼ、布団サイズ。結構大きいなあ・・・

出来上がったレースをぬるま湯でふり洗いして、タオルドライ。
土台に広げてひっぱると、伸びる伸びる・・・
布団サイズの土台いっぱいになってしまいました。やっぱり手がゆるかったせいか、出来上がりも相当でかい。
念のため、2日間ほおって置いて、乾燥しました。

はがした時の達成感。
いいですねえ・・・うふふ。
ピンの形通りに縁編みがつんつんしてます。
汗かきかき仕上げをした甲斐があったというものです。

画像は9月更新の本家サイトでご覧ください。
満足の一品です。

この作品はおしゃれ工房05年6月号嶋田俊之さんのシェットランドレース「子羊の草原」を編むプロジェクトです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

夏休みはいずこ

今週、旦那が夏休みでした。実家の方は旧盆なので、その時期がやすみだと、み~んな休みでいいんですけどね~
1日は、息子どもの登校日、2日から今日まで、長男は学校主催の勉強合宿で、泊まりでいないし、次男は1年生だけ全員参加の補習で、これも2日から今日まで、半日授業、ついでに午後に部活。
娘は相変わらず、家でPC。(教習所はどうなったんだよ~おまえ・・・)

旦那と子どもの休みがかみ合わないので、ホームセンターで応募した懸賞であたった1日バスツアーに行ってきた。旦那の名前で家族名として、私の名前を書いたら、私の名前で当選してきた・・・「奥さんに当てておけば、旦那か、友達をつれてくるからだろうなあ・・・」と旦那の弁。当選者は無料招待なんだけど、一緒に行く人は有料。きちんと元が取れるようにできてるんだわ。
日程が1~10日で希望できたので、平日にしておいたのだが、次男がちゃんと学校に行けるかどうか心配で(朝、起こしても起こしても、全然起きられない人なので・・・)よーく、本人と娘に言ってから出かけた。

集合時間は朝6時半。次男のお弁当を作ったりしたので、起床は4時半。早っ・・・
途中で娘宛にメールを出して、次男がちゃんと起きたか、確認しつつ。でも、気がついたらバスでうとうと。
小田原から山梨池の平ホテルまで、途中、ワサビ屋さんやジュエリー工房に寄って、食事して、百合とキスゲの花畑(山にリフトに乗って、5分)上から遊歩道を歩きながら花を眺めてきた。これだけ植えるのも大変だわ・・・すごくきれいでしたねえ。帰りはチーズケーキ工房で買い物して、(要するに買い物ツアー)帰宅は8時半。

ジュエリー工房では、触り放題、付け放題で、指輪やネックレス、カメオなんかがあるんだけど、私って、ほとんどそういう飾り物に興味がない。ないわけではないが、石は好きだし、真珠も好きだし、でも、ほとんど着けないのだ。指輪なんて、手仕事に邪魔なので、冠婚葬祭の時くらいしか、宝石関係とは縁がない。ショップの店員さんは、一生懸命勧めるけど、ほんとに眺めるだけ。あまりに高いし、身に着けないものにローンを組んだりするのは勿体ないので、いらない。興味のない人なんて、信じられないって感じで見られてしまったけど、ジュエリーと見ると、目の色変える人ばっかりじゃないんだよねえ・・・
それだったら、布とか、レース糸のほうがうれしいです。はい(^^;)

旦那の休みで、ゆっくりできたかと言えば、ほどほど家にいて、のんびりしてるんだけど、既に夏バテなのか、体調も今ひとつだし、早起きして、お弁当を毎日作ってるし・・・
でも、朝早い分、一日は長くていいんだけどね。
夕方、長男もたくさん洗濯物を持って帰ってくる。またにぎやかになるなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シェットランドレース その12

shet-0706b

7月6日 やっと周回して、たどりつきました。
後はとじて、糸の始末をするだけ。

shet-0706c

できあがりです。
これをドレッシング(仕上げ)するのですが、まだ梅雨だったので、ちょっと置かれることになってしまいました。
作品として出来上がるのはいつ!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

8月更新

昼間、私のサイト管理をしているPCはすごく暑くなるところにあるので、
触りたくないし、オーバーヒートを起こすのもいやだし、、、
となかなか内容の更新ができないでいるので、
夜になって、ばたばたと更新作業をすることになる。

ということで、やっと8月の内容が更新できましたので、ご覧ください。
NARUの英国滞在記&Craft Gallery

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »