« 日本ホビーショウ | トップページ | フィレレース作成中 4 「苺畑」  »

ファッションにみるアンティーク・レース&現代作家展

はるばる行ってきました、那須。
初めて東北新幹線に乗りました。行きの列車は昔懐かし古いタイプのグリーンのラインの車両。
・・・まだ、走ってたのね。 (帰りは500系で、こだまは700系でしたが・・・)

那須塩原から、エンジェル美術館までが、遠い。
あてにしていたバスはなんと、1日に1本。タクシーで行くことに。3人で行ったからよかったものの、帰りは迎えにきてもらったので、トータル1万円を超えてしまった。
一人で行ってたら大変だったわ。あとで、レンタカーの方がお得だったかもねえ、という話に。

作品たちはすばらしい。陶器の作品と並んで、日本手芸普及協会の指導員以上の先生方の作品がずらり。
まじまじ眺めて、どうやって作っているのか考えたり、「こんなやり方もあるんだ」と関心したり。
ずいぶん長いこと、ゆっくりと堪能させていただきました。平日でほかにほとんどお客さんも居ず、あれやこれやとさぞ、うるさかったろうと思います(^^;)
アンティークレースの作品も見応えありました。いまではとてもできないだろうなあ・・・という作品ばかり。
パンフレットのメインになっているフランスのアイリッシュクロッシェレースのドレスは、ため息ものでした。

すっかりお昼を過ぎてしまったので、美術館の近所でおそばをいただきました。山菜の天ぷらやそばめしが美味しかった。

しばらく歩いた那須オルゴール美術館でも、作品が並んでいました。こちらは小品が主ですが、これも変わった作品がずらり。タティングとボビン。タティングとバテン。テネリフとクロッシェなどのコラボレーションレースも素敵でした。オルゴールも実際に聴かせてもらい、楽しかったです。もうちょっと余裕があったら、おみやげもと思ったのですが、なかなか手が出ませんでした。

最後にドイツ式のソーセージなどをおみやげに買って帰ってきました。

交通費は莫大でしたが、行っただけのことはありましたねえ。
欲を言えば、東京近郊でお願いしたかったです、いかんせん、ちょおっと。      遠い。

|
|

« 日本ホビーショウ | トップページ | フィレレース作成中 4 「苺畑」  »

コメント

北尾先生達は、ホテルで一泊してホテルのバスが迎えに来て、という楽ちんツアーだったみたいです。12000円だったというので、びっくりしました。
お泊まりできるならいいんですけど、主婦はそうそう家を空けられないです。
強行日帰りでしたけど、それなりに楽しかったです。

投稿: NARU | 2005/05/18 20:23

NARUさん、おひさです。
那須、行ってきましたのねぇ
私も楽しみです。
ただ、稚拙なボビンでの参加だったので
生徒さんには見られたくないのが本音。。。。
でも、その他の作品はみておいたほうがいいですよね。
6名、これが全員なのですが、皆一緒に
行きたいということで、ドライブです。
那須に素敵なレストランも見つけてもらいました。
これまた楽しみ。
NARUさんが行く前ならよかったのにね。
私が食べてきます。
フィレの話はフィレのほうに書きますね。

投稿: チャップ- | 2005/05/18 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/4170417

この記事へのトラックバック一覧です: ファッションにみるアンティーク・レース&現代作家展:

« 日本ホビーショウ | トップページ | フィレレース作成中 4 「苺畑」  »