« 加賀のゆびぬき その14 | トップページ | 加賀のゆびぬき その15 »

展示会 いろいろ

昨日、東京まで出かけ、4つの展示を見てきた。
まず、
板垣刺繍アカデミー作品展ステッチで遊ぶウィリアム・モリスの世界
  GINZA TANAKA HALL 4階・5階
 
 4階はモリスの作品をいろいろな刺繍で仕上げた作品がいっぱい。
おなじみの「苺泥棒」「生命の木」「ハニーサックル」などを刺繍化していた。これだけいろいろな作品が並ぶと壮観で、いいねえ・・・を連発。5階では、ハーダンガーやすけるタイプの刺繍を中心にした展示と、即売会。
こういうの見ると、刺激されて、いろいろやりたくなってしまうのだが、しばらくはがまん・・・

ついでに、お隣のポーラ美術館でステンドグラスの展示を見る。
ちょっと変った形のステンドグラスがあったが、私の一番は入り口にある、いろんな透明と白のガラスを使った木のイメージのステンド。大人しいんだけど、いい感じ。

KUMIKOと仲間たちのボビンレース作品展
 ~♪♪  シンフォニー ♪♪~
  京橋の「ギャラリーくぼた・別館」

「くぼた」全部のスペースを使って、いっぱいの作品に圧倒されてしまった。
バンシュ、ロザリン、ブルージュ、トーションと、とりどりの作品。細かくて、「できないや~」というのばっかりなのだが、やっぱりひかれてしまう。みなさんの競作でばらのつぼみを大きな紙いっぱいにちりばめてあったのも良かったなあ、、、 つい、作品集も入手。 ひとつくらいは作ってみたいと思うのだが・・・

MI★YA★CO 2005春夏Collection  
  広尾プラザ(明治屋)2F ギャラリー広尾    
  伊藤真砂子ファゴッティングレースの展示と実演
初めて広尾まで行きました。ちょうど伊藤先生がいらっしゃらなかったので、しばらくプラザの中をぶらぶらしながら待ってました。MIYACOのレースのブラウスとか、ジレーなんかもいいなあと思うけれど、とても着ては歩けないだろうなあ、、、もったいなくて。
ファゴッティングレースは「刺繍通信」6号に作品が載っているのだが、その作品とともに、先生の実演も見せていただいた。雄鶏社の編集の方もいたりして、にぎやかにあれこれと質問したりして。
バテンのテープのかわりにバイアステープを使って、ステッチをすれば出来そう。ステッチも何だって使えそうなので、余裕ができたらやってみたいなあ。

なかなか展示会もゆっくり見ることが出来なかったり、わざわざそのためにだけ、上京するのもできないのだけれど、これだけ見られれば、十分元は取れたんじゃないかなあ・・・

いい作品を作るには、いろいろなジャンルの作品を見て、いろんな刺激を受けること。これが多分一番じゃないかと思う。

|
|

« 加賀のゆびぬき その14 | トップページ | 加賀のゆびぬき その15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/3708370

この記事へのトラックバック一覧です: 展示会 いろいろ:

« 加賀のゆびぬき その14 | トップページ | 加賀のゆびぬき その15 »