« 市民運動会 中止! | トップページ | 2学期制 »

ヴォーグのファッションショウ

28日にファッションショウに行ってきた。
久しぶりに、午前は空いていたので、新宿に寄って、オカダヤでうろうろ。
これが欲しいというものがあるわけでないので、一番上から順に階を降りてきた。で、本を1冊、ボビンレースに使うスペシャルダンテル(DMCのレース糸)を数種購入。この糸を見てると、またボビンレースをやりたくなるんだよねえ、、、他のものが一段落してからじゃないと、場所が無いなぁ・・・

で、市ヶ谷のヴォーグ本社に行き、展示品を見て回る。
いくつあったんだろう、数えてこなかったけれど、100点以上の作品が並んでいた。ほとんどが編物の講座の生徒作品なのだが、機械編み(太編み、リブ編みなど、いろいろ) 手編み、(鈎針、棒針、アフガン、一本針など) レース部門では、ヘアピンレースのマーガレットとか、フィレレース、クンストリッケン、タティングレースなど、よりどりみどり。
スーツなども多く、セーター一枚仕上げるのにも大変なのに、上下、または、アンサンブルでスーツの中のキャミソールまで作ったりしてあって、ため息物だった。
私の作品もルーマニアンレース、テネリフを巾着仕立てにしたもの、バテンレース、タティングのベストなどを展示してあって、こういう場所で改めて見るのもいいなあ・・・という感想。 他の人の感想も気になったり(^^;)

ショウは1時間位前から、並んでいる人もいて、凄いなあと思いつつ、列について入場。12階のフロアはちゃんとショウができるようにターンする舞台が出来ている。(そうか、今まで、照明がどうして中央部に出っ張った形になっているのか、不思議だったのだが、やっと納得。) 1時間くらいかけて、65点あまりの作品が登場。初心者から指導員講座のベテランまでの作品がモデルさんによって、紹介された。 モデルさんが着るとみんな凄い作品に見えちゃうから不思議(^o^)。 沢山刺激を受けて帰ってきた。
毛糸はいっぱいあるし、ほかに作らなくちゃいけないものもあるし、でも、何か作りたいな。

|
|

« 市民運動会 中止! | トップページ | 2学期制 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/1589658

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーグのファッションショウ:

« 市民運動会 中止! | トップページ | 2学期制 »