« 3枚目、レース編み完成 | トップページ | Celtic Summer »

ズーラシア

子ども会の行事で夏レクレーションというのがある。
夏休みの間に、子供達を連れて、遊びに行くのだが、例年、デイキャンプが多かったみたいだが、去年は小田原の地球博物館とかまぼこ工場に行ったので、今年はちょっと目先を変えて、バス旅行で横浜のズーラシアへ。

ほとんど担当の3人に企画をまかせたのだが、いろいろ旅行会社とのやり取りとか、大変だったみたいです。
ご苦労様でした。
昨日は猛暑も一段落して、自宅方面は朝、曇っていたのだが、横浜は快晴。まだ、風があったので、助かったけれど、随分日焼けしてしまった。人数を数えるのが大変で、100名近くの人間をバス二台で連れて行くのは結構大変。最初にチェック。途中のトイレ休憩でチェック。帰りにチェック、また休憩でチェック。その都度、人数の増減があって、右往左往。いやはや、役員は大変です。

ズーラシアは動物園にありがちな「臭い」が少ない。広い場所の緑の中に転々と園舎があるせいか、手入れが行き届いているのもあるだろうけど、お散歩的に園内をぐるぐる。
役員の子供達もそれぞれグループで歩いていたので、親は親で、ゆったりと歩いていたら、、、
迷子2名発生。
子供達だけのグループはかえって安心で、親と一緒だった低学年がふたり、友達同士でだーっと園内一周して、退園ゲートまでたどり着いてしまったらしい。それぞれの親は子どもと待ち合わせの場所を決めたらしいのだが、子供達はろくに聞いてなかったり、時間も決めず、携帯電話も持たず、(持たない人がわるいといっているのではなくて、普段は使っているくせに、こういうときに忘れてくる人って、、、しかも、子どもに電話番号くらい、持たせて欲しいなあ、、、)役員の番号は全員に配ったパンフレットに書き込んだので、役員に園から電話がかかってきて、奥の方から子どもを引き取りに行って、親探し。
わたしともう一人の役員とで、ぐるぐる探したのだが、なかなか見つからない。
一人は円中心部のレストラン付近で親に引き渡し、もう一人はしょうがないので、また役員が迷子のアナウンスをしてもらいに入園ゲートまで。
その親、アナウンスがあったら、すぐ来たのだが、子どもが迷子になっているという意識は全然なかったみたいで、、、
一生懸命探しまくったわたし達の努力って、、、

来年の役員には、「親付きの低学年の迷子に要注意」と申し渡ししないとね。
まあ、ほとんどの子が楽しかったようで、良かった。
夏休みの一発目の行事が終って、やれやれです。

次は8月の市主催のお祭りへの参加です。
夏休みは始まったばかり。子ども会行事もまだまだこれからです。

|
|

« 3枚目、レース編み完成 | トップページ | Celtic Summer »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24303/1037410

この記事へのトラックバック一覧です: ズーラシア:

« 3枚目、レース編み完成 | トップページ | Celtic Summer »