葉っぱだけで

雑草といえど、可愛い花が咲くものもあるし、面白い形の実が成ったりするので結構好きなんですが、中には毒があったり、特定外来生物だったり。

最近ではナガミヒナゲシという一見可愛いオレンジのポピーが冗談じゃない繁殖力を持つので、注意が必要です。

花が咲いたら最後、抜いておいても未熟な実から何千という種が飛んで(ケシの実ってめちゃくちゃ細かい)、そこら辺中に繁殖します。

見つけ次第、引っこ抜いて焼却処分というのが一番です。我が家近辺ではゴミステーションになっているコンクリート打ちの端に何株かあり、ゴミ出しの時に一緒に袋に入れて処分しましたよ。

眼下の川の土手にはオオタニワタリ(巨大なシダ)がどんどん増えてきていて、破竹と葛と一緒に困ったもんだ状態になりつつありますが、手が届かないのよねえ。

 

さて、旦那の実家の柿畑と裏山の竹林の間には、いろいろ面白いものが生えています。

先日、見つけたこれは何?という植物。

201905211

丈が80cmくらい、ナスのような葉っぱで互生、短い毛が全体に生えていて、太い茎にはゴツゴツした感じの皮目。

いろいろ調べて分からないので、しばらくほっといてから、自宅レッスンの時にも話題に出したもの。

やっと正体が判明しました。馬鹿茄子と言われるイヌホオズキです。

花や実があればよくわかるのですが、葉っぱだけだとなかなか難しいですね。

結構一般的な植物らしいです。全草に有毒で、ソラニンを含むそうです。(ジャガイモの緑部分にあるものです)

 

201905212

こちらは朝顔の葉っぱみたいな感じですが、ヒヨドリジョウゴです。

この葉っぱも同じ茎からもっと丸みのある葉っぱが出ていたり、一見ではなかなか難しいかも。

花は8〜9月。赤い実が成って、ヒヨドリが群がって食べるのでこの名前があるとか。

こちらは蔓植物ですが、それほど繁茂しないそうです。

 

どちらも草刈りで刈られてしまうことが多いので、今まで気がつきませんでした。

竹を切る時にはまだ草もありませんでしたが、そろそろいろいろ伸び始めているので、体が埋もれる前に刈らないとと旦那が言ってます(^^;;;

 

 

 

 

| | コメント (0)

自宅レッスン 2019年5月20日

朝からちょっと怪しいなという雲の多い天気でした。

屋久島で大雨が降り、旅行客が救助されたという話もあり、関東にもだんだん雨が近づいてきているようです。

 

さて、自宅レッスンでした。

パッチワークはアップリケの茎と葉っぱが出来上がり、実の準備を始めています。中央のモチーフの話から鳥や植物の話になり、あれこれ調べてみたり、鳥の鳴き声の話で盛り上がったりしましたよ(^^)

鳴いてる声は聞こえてても、どんな鳥が鳴いているのかわからない(見えない)ことが多いので、よく分からない〜と。

だよねえ。ぱっと見て種類がわかる鳥って、そう多くはありませんし。近づいてみないと区別のつきにくい鳥もたくさんありますしね。

 

キルティングをやっている方は、次は白糸刺繍をしたいということで、何がいいか相談しました。

アジュールの基本はやっているので、今度はシュバルムはどうでしょうかと、大塚あやこさんの本を提案しました。

まずは小さな作品からですね。

 

クロスステッチの2018 Mystery Samplerが出来上がってきた方。周囲をヘムかがりで綺麗に仕上げていました。

こげ茶と段染め(淡いオレンジ〜茶色)が効いていて、単なる茶系の組み合わせとも違って、2色構成なんですが明るい配色になっています。

次は多色で2017の方に取り掛かっています。こちらも出来上がりが楽しみです。

 

ボビンレースのチュールレースも終わりが見え始め、次の作品の相談。いろいろ図案を引っ張り出して、何を織るのか、考えました。

準備は楽しいですよね〜

 

レッスン中に一時結構な雨になりましたが、帰る頃には一旦やみました。

すぐにまた降り出したんですが、皆さん大丈夫だったかな?

夕方から夜にかけて、また降っては止み、降っては止み状態が続いています。

せっかく蒔いた種が流れないように、プランターも玄関先に取り込んでいます。

 

 

| | コメント (0)

何年前?

玄関先のメドウセージとお風呂のボイラーの隙間にひょこっと芽を出した金魚草。

黄色い花が咲きました(^^)

 

201905192

零れ種からの実生ですが、ここに植えた覚えはありません。

いつだったかと思い、調べてみたら、アプローチの反対側に2013年に植えてました。

それ以来、金魚草は駐車場側しか(しかも2年前)植えていない。

植物ってすごいわ(^^;;;

6年越しで芽が出たんですから。

 

201905191

 

庭のプリPJルドゥーテが開きました。

雰囲気のあるピンクの花です。

土曜に最後、芝の目土を入れたりして外回りを頑張ったので、日曜はくたばってました。

まあ、そんな時もあってもいいよね(^^;;; と思っていたら、旦那にハードオフに連れて行かれました。

古いハードディスクをはずしたデスクトップPCの本体(電源やグラボ入り)やモニタなどを出してきましたが、ジャンクですからね。

ほぼ値段がつかないような金額でした。捨ててしまうより、誰かにパーツでも使ってもらえればという気持ちです。

| | コメント (0)

ベイサルシュートのピンチ

201905182

ブラックバカラのシュートをぽきっと折り取ってみました。

水分が多く、柔らかいので、手で折れます。外側の葉っぱの付いているところでやるべきなのですが、それだと下すぎるので、この後、支えに棒を立てて手前に少し倒してみました。すでに新しい芽も動いているので、これをまっすぐ上に向けて育てて、次を外側(右側)に広げられればいいかなと思っています。

これからの時期の雨で、根元周りの土がはねないようにバークでマルチングしてみたり、今年はバラにすごく力入れてます(^^;;;

 

201905181

 

鉢から地植えにしたプリPJルドゥーテにも蕾がつきました。可愛いピンク系の花が咲きます。

 

201905183

グラハム・トーマスも咲き出しました。いい香りがします。

 

201905184

 

こちらは玄関先のプランターです。

ミニグリーンアイスも幾つか咲き出しました。香りはないけど、白から緑に花びらの色が変わっていく楽しい花です。

 

調子に乗って、また新苗を2株増やしました。鉢植えで育ててみます。

 

前回、大株で買ったフリージアは買った直後に寒さに会い、黒く枯れ始めてしまいました。枯れたところをカットしつつ様子を見ていたのですが、2本出ていた枝のうち、小さい方は真っ先に黒くなり、大きい方は順に細い新芽から枯れて、とうとう一番下の葉っぱを残すのみです。

これが残ってくれるのを祈ります。がんばれ〜としか、言えないのです。下手に手をかけて、水や肥料をあげられないので。

 

 

 

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年5月17日

いいお天気になりました。箱根もてっぺんにちょっと雲があるだけで、山の緑も濃くなってきていて、綺麗になりました(^^)

我が家の周りでは、ウグイスが長鳴きしたり、カワセミが飛んでいったり、住宅地とは名ばかりのようです。

 

さて、トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワークの課題のパターンを広げて、ラティスの布を決めましたが、在庫の分では足りなかったので、注文をかけました。

がま口の仕上げをしたり、ミニトートバッグの持ち手を作ったり、リバースアップリケのバッグのキルティングの相談をしたり。

 

ボウタイのパターンを繋げて、巻きかがりで大きくしたいと相談を受けました。

どういう事?と聞いてみたら、1枚の大きなトップを作るのではなくて、出来上がったものをつなげていって大きくしたいとの事でした。

パターンやモチーフにもよります。パターンごとにキルティングまでを終えて、ラティスを別につなげるやり方もありますが、今作っているモチーフは6cm角くらい。これを一つずつ巻きかがりというのは、結構手間がかかります。それより大きなトップにしてからの方が、結局は時間は掛からないよ〜と。(始めたばかりで、サイズを揃えるのも難しいので、巻きかがった角に穴があきそうですし。)そういうのは別のパターンでやりましょ〜という事になりました。

やりたい気持ちは大事にしたいですが、一気にできるわけではないし、やってミスが続くとせっかくのやる気もそがれてしまうので、ご本人が納得するように進めていきたいですね(^^)

 

奄美、沖縄地方は梅雨入りしましたね。

だんだん蒸し暑く、雨が続く気候が近づいてきています。

それまでに庭の方を少し手入れしていきたいです。右肘の腱鞘炎と左腰の半ぎっくり状態がまだ続いているので、無理しないようにやりましょう。

 

 

| | コメント (0)

秦野カルチャー 2019年5月16日

曇りかと思っていたら、晴れてきて、結構歩くと暑い一日でした。バスの中がもわっとしていましたよ。

 

秦野カルチャーのレッスンでした。GWを挟んだので1ヶ月ぶり(^^)

おやすみだからといって、それぞれ皆さん忙しかったですよね。なかなか進んでいない方もあり、進みっぷりに歓声が上がる方あり。

 

午前中はお一人おやすみでしたが、白糸刺しゅうのカットワーク、ステッチ100のスモッキングを続けています。

午後はボビンレースの円形ドイリーは半分くらいまで進みました。布をつけるのに、シンプルな白い布だけじゃなくて、刺繍をする人なので、何か加えたらどうだろうと相談。直径30cmくらいなので、小さなモチーフを縁取りのようにぐるっと一周するだけで結構見ごたえあるものになるんじゃないでしょうか。

基本レッスンのオリジナルプリントから2作目を織っている人はチュールレースの基本を次回することになっています。

大物ドイリーはフィリングステッチの続き。いろいろなステッチが入るので、バランス良く入れるようにピン穴の位置を変えつつ織っています。

タティングレースは紫陽花のモチーフの続き。簡単なようで似たようなリングが続くので、結構面倒くさいかもです。ゆっくりね(^^)

クロスステッチのポーチの仕上げの仕方の確認や、ツリーの作品の後何をしようかの相談なども。

 

私も復刻ニードルレースのドイリーが出来上がりました。

手持ちの額が20cm角しかなかったので、合わせてみたら、内角が19.5cm。18.5cmの作品なので、ギリギリですが、なんとか額装し終えました。

さて、次をやらなくちゃ〜

| | コメント (0)

コオニヤンマ

ブラックバカラのシュートが伸びてきて、花芽が付きました。

7日には、まだ葉が3つしか出ていませんでしたから、この1週間くらいですごい伸びようです。

シュートを育てたいので、花は咲かせずに剪定が必要です。どこからカットしようかな。

他にも枝からのシュートも出始めています。これも位置を考えながらカットします。

 

201905151

下回りのホトトギスは抜きましたが、すぐにいろいろな雑草まみれになるので、ちょいちょい手入れが必要ですね〜

 

201905152

 

先日から我が家の周りを巡回始めたコオニヤンマが駐車場側の壁に止まっていました。

ヤンマとついていますが、サナエトンボの仲間だそうです。一番下の足がすごく長いのと、眼と眼の間に隙間があるのが特徴だそうで。

オニヤンマは巨大ですが、こちらは10cm程度でした。オニヤンマの眼は綺麗なグリーンです。

| | コメント (0)

マンホールカード 小山町

庭の物置と隣の隙間(体は入らないし、手は届かない(^^; )ところのドクダミが気になっていて、どうやって処分しようかと考えていたのですが、一時土砂降り状態になってしまいました。そのあとも一日中、雨が降りっぱなしなので、外は断念しました。

なので、こちらも気になっていたデンドロビウムの植え替えをしましたよ。

花が終わり、葉っぱがほとんど落ち、バルブがしわになったので、温度が合わなかったかと思うのですが。

新芽が出始めたかと思ったら、高芽になってしまい、これはまずいかと本腰上げて、仕舞ってある水苔を引っ張り出してきました。

鉢から株を引き上げたら、案の定、プラポットのはみ出るであろう縁を切り落としたのを2株詰め込んでありました。

1株ずつ植えるのには、手持ちの小さい鉢だと根の高さが足りないので、プラポットを取り外し、古い水苔を引っ掻いて少し剥がし、(内側はみっちりで、下手に崩せなかったので)2株を新芽が反対側から出るように抱き合わせて、隙間に水苔を詰め込んで、元の化粧鉢に戻しました。

しばらく様子見ですね〜

いくつか出ている高芽のうち、大きいものは根が数本出てきています。これはもう少し育ってから別途、鉢上げしようと思います。

 

さて、日曜の帰りがけ、御殿場で見つけたマンホール。

 

Gotenba

富士山と、御殿場線の昔の機関車(3重連で登っていたそうですよ)市の花「富士桜」です。

 

そのあと、「道の駅ふじおやま」の観光協会で見つけたのは、金太郎、町章の中に富士山、外にフジアザミ。(富士桜のパターンもあるそうです)

Oyama

Oyama1

そこで、マンホールカードをもらってきました。

やばいよ(^^; カードにまで手を出しちゃったよ。

調べたら、御殿場でももらえるところがあるそうです。

承認を受けないと発行されないそうなので、すべての市町村にあるわけではないので、出かける時にはちょっと気にしておこうかな(^^;;;

 

同じ金太郎のふるさととして、南足柄も登録してほしいなあ。

カードと言えば、ダムカード。近場でもらえるところもありますが、こちらはそこで撮影した証拠を見せる必要があるみたいです。

くわばらくわばら……

手を出しそうで怖い(^^;;;

| | コメント (0)

レース研究科月曜クラス 2019年5月13日

朝から曇りで富士山は見えませんでしたね。箱根の方は頂上付近に少し雲があった程度でしたが、全体的に湿度が高く、暑かったです。

 

レース研究科では、日本手芸普及協会の50周年記念のパネルとチャリティー額の仕上げの方が多かったです。

私もパターンは出来上がっているものの、土台に止められなかったものを手伝ったりしていました。

そのほか、いつもの作品の続きをやっている方、課題提出作品の要点の確認なども。

 

今週から本格的に休み明けの「いつもの日常」に戻ります。休みの分が月末に移動していたりしますので、月末に向けて忙しい予定。

6月は50周年記念の展示などで中旬まで出ずっぱりになるので、体調を整えて頑張りましょう(^^)

| | コメント (0)

草苺 蛇苺

所用があってまた旦那の実家へ。

201905121

箱根は雲の中でしたよ。

 

さて、裏山に登る道の端からタケノコが伸びていて、半分竹化してるのを折ってきましたよ。道の反対は竹林。しっかり登り道として使っているところの地面の下をくぐって芽が出ているので、「これ、しばらくしたら問題になるんじゃないの?」と。

農機具小屋だったところを木材が古くなって壊したところなので、土台はコンクリートを打ってあるのですが、建物が無くなって日当たりが良くなったので、その裏側を回り込んで竹林になったら困るよね(^^;;; 

 

その竹林の方の前の草の中に赤いものを見つけました。

 

201905122

 

草苺。木とは行かないまでも、しっかりした茎があり、実を取ると額からホロっと取れてきます。思わず一つ、食べてみました。

うん?もうちょっと味があっても良かった様な気がします。子供の頃、実家にもあって、取って食べました(^^)

木苺はもうちょっと粒つぶが大きく、棘のような突起があります。園芸種のラズベリーはイギリスで住んでいた家の庭にありました。

黄色と赤があって、どちらも甘酸っぱかったです(^^)

 

201905123

 

蛇苺もありました。こちらはもっと地面に近いところに生えています。実が取れてこないので、草苺と区別がつきます。こちらは食べても美味しくないらしいです。実の中心がスカスカしたスポンジみたいになっています。

野バラも生えていましたね。まだ花は付いていませんでしたが、結構古株のようで、草刈りのたびに刈られたんでしょう。地面に近いところでたくさん枝分かれしていました。

| | コメント (0)

«シラー・ペルビアナ