レース研究科2017年12月11日

年内最後の研究科でした。

みなさんそれぞれ、課題作品、オリジナル課題などに取り組んでいます。
テキストに載っていないことを新しく始めるのには、苦労が伴います。

ボビンレースのオリジナル図案を描くのに、基本をやろうと思っていたら、希望するところは、バンシュやホニトンといった感じの高度な図案をやりたいと。
ちょっと待って~(^^;;;
糸の流れを出すのにものすごい苦労しますよ。
まず規則的なトーションレースの組み立てからやりましょうと。

お持ちの図案をみたら、ニードルレースの方が向いていそうな感じでした。
堀先生も同じ意見(^^)

これはこれ、書き方の基本をみて、まずは織れるものができるかどうかというところから始めます(^^)
それから、テクニカルコンテを描いてみましょう。ということになりました。
がんばってみてね。

マクラメの基本の確認をして、オリジナルを考える方。
途中の糸足しをして、図案の見直しをする方。

テネリフレースの位置決めや、ライン取り、かがりの見直しをする方。

ヘアピンレースのサンプルづくりをする方。

アイリッシュクロッシェのモチーフの編み方の再確認をする方。
などなど。

レース講師養成講座の日程などの関係で、次は3月に二回という変則になりますが、何人かは自主的に集まってモチベーション維持をするそうです。
次回を楽しみにしていますね~

終了後、例のごとく、打ち合わせをしてから帰宅しました。
風が強く、冷え込んできましたね。
荒れた天候になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Tullgrundspitzenから  vol.6

201711181

3つめの角の手前。
角以外は織る手順を覚えてきたので、だんだんスピードが上がってきました。

201711182

ギンプ用の糸が終わりかけたので、新しくペアを入れました。
新しいペアの糸を掛け、終わりの糸を2回重ねて織り込みます。そのあとは、ピンの林の隙間に通しておいて、ピンが抜けてきた頃に余分の糸をカットします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花は紫

20171209

駐車場側花壇には、シラーの芽が出始めています。
新芽の色は紫。
花の色も紫。
花の色が濃いものは、だいたい葉っぱの色も濃いのですが、このシラーの場合は薄紫の花なのです。
それに比べて、新芽はかなり色が濃いですね(^^)

ほったらかしで毎年綺麗に咲いてくれるシラー。我が家の花壇にはなくてはならない花です(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ヴォーグ学園東京校 レース専科2017年12月8日

金曜クラスのレッスンでした。

ボビンレースの方が増えましたね。
基本のテープレースから一つ上がって、エッジの織り方2種、エジングに入る方たち、ピコの作り方、リーフの織り方、テクニカルコンテの読み取り方、などなど。

アイリッシュクロッシェの芯糸の太さと本数の確認をする方、モチーフの間のネットを編んでいる方。

ヘアピンレースを編み始める方、編み始めと中心に細編みを編む方法を再確認する方。

ビーズ入りのタティングモチーフを編んでいる方。

バテンレースの下ごしらえをする方、大きい作品のかがりを入れている方。

フィレレースのかがりを入れている方。

誰かが質問すると、横で一緒に見て、自分のやったことを確認したり、またはこれから先の作品を楽しみにしたり、教室ならではの風景ですね(^^)
私も長らく本が先生という独学でやっていたので、よくわかるのですが、本に書いてあることをどれだけ理解できるかというのは、独学だけでは難しいものもありますし、著者によって、いろいろな方法があったりします。
教室で、他の方の作品を見たり、自分のわかっていることを教えあったりすることで、新しい刺激をたくさん受け取ることができますね。
自分に合う先生、ということもあると思いますが、やはり習いに行くのは楽しいです(^^)
是非、見学をお勧めします。お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秦野カルチャー2017年12月7日

白糸刺しゅう本科 カットワークのポーチが出来上がりました。
ダブルボタンホールステッチの幅を細くするのが難しいようですね。
細くするのには、慣れも必要です。がんばりましょ(^^)

講師科のほうのカットワークも、少しずつできてきました。
無理しないでゆっくりやってくださいね。

クロスステッチのクリスマスツリーの説明をして、刺し始めた方たちも。
クロスステッチが初めて、という方もいましたが、刺し方、刺し順を考えながらゆっくりやってくださいね。

ラッピングステッチでクリスマスリースも基本部分ができました。ビーズの入れ方も確認したので、こちらもじっくり取り組んでください(^^)

ボビンレースのうさぎ。本番の糸で、フィリングステッチに入りました。
まずは目の部分。こちらもゆっくり取り組んでください(^^)

さて、私も作業に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日の富士山2017年12月6日

打ち合わせに都内へ。
新松田の駅の高架の窓から、本日の富士山。

201712061

天気がいいと、綺麗に見えます。
てっぺんの雪が少し薄くなってきています。このところの強い風のせいですね。
あまり風が強いと、雪煙も見えたりします。

201712062

玄関先のブルーベリーも紅葉してきました。
近所の楓は水分のなくなってきた葉っぱが風に飛ばされて、上半分は坊主に、下半分は真っ赤という何だか笑える状態になっていました(^^;;;


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Punto Antico Doily vol.7

Puntoanticodoily0818

四隅のかがりが全部入りました。
この後、周囲の始末をどうしようか、ちょっと考えていました。

さてまた、あれこれと忙しくなってきます。
これからウイークデーは全部予定が入っています。
合間にボビンレースの基礎編のプリントも作ろうかと思っているのですが、どこまでできるかな(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蘭の鉢替え

先日、室内用の鉢を置く台から、ちょっとしたことで引っ掛けて、胡蝶蘭の鉢を落としかけてしまい、慌てて捕まえたものだから、柔らかい一番上の葉っぱを根元からちぎってしまいまして。
可哀想なことをしてしまいました(ーー;)

もともと、室内が乾燥気味で、元気のなかった株。
直下に出ている根がほとんどなくなってしまい、不安定なこともあって気にしていたのですが、やってしまったよ(^^;;;

思い切って、鉢を小さくして、水苔で根元を支えられるくらい深植えにしてみました。
季節が季節なので、落ち着くまで肥料無しで葉っぱの水分だけ気にするようにします。

ついでに、花が咲ききって値下げされていたオンシジュームを購入し、1ヶ月くらい楽しんだのですが、とうとう花が枯れてきて、寄せ植えの化粧水苔の下にある葉っぱが枯れてきているのがわかったので、こちらも鉢替えをしました。
3本立ちだったので、3株から出来ています。
鉢から引っ張り出したら、奥の方にぎゅうぎゅうに詰め込んで茎がまっすぐになるように位置決めしてありました。
今ある水苔を全部取ってしまうのには時期外れなので、茎を根元からカットし、そのまま新しい水苔で包み込み、4号鉢に別々に植え込みました。
こちらもしばらく様子見です。
我が家はあまり手をかけないので(^^; 環境にあったものしか育ちませんが、頑張って慣れておくれ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Tullgrundspitzenから  vol.5

20171115bobbin

2つめの角です。
慣れてきたら早くなってきました。
でも、あちこちミスってて、マウンティングはどうする?
最後まで様子を見ます。

織っているときは気をつけているんですが、なかなか思うようにいかないですね。(^^;;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

市内一斉清掃

例年のごとく、一斉清掃がありました。
しばらく前に風が強い日があり、枯葉はほとんど飛んでしまって、隙間から生えた草取りくらいで、それほど時間もかからず終了しました。

そのあと、ついでなので、枯れ始めたざる菊を刈り取りました。
根元には、もう冬至芽が出てきています。
通路側に植えた菊もひょろりと1つずつ花が付いています。
1本だけ、ピンクの花が付きました(^^) これを来年増やさねば。

ほかにも玄関先のわさわさの葉っぱをカットし、チューリップ、クロッカス、ワトソニア、ムスカリをあちこちに植え付けました。
先日、ホームセンターに行ったら、球根の投げ売りをしていたので、つい買ってしまいました。
何か苗を買う予定だったのですが、球根に化けちゃいましたよ(^^;;;

駐車場側のハンギングのプランターには、庭からサクラソウを持ってきて、植えました。
さあ、春が楽しみです(^^)

庭の方は、ホトトギスがもうちょっと枯れてから、刈り取り予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«トーカイ小田原店12月1日