トーカイ小田原店 2019年12月6日

一日中曇っていて、気温が上がりませんでした。

洗濯物が乾かない〜(^^;;;

 

トーカイ小田原店のレッスンでした。

パッチワークのアップリケのバッグを作っている方は、キルトまで終わり、ポケットをどう付けようか相談。

1枚布を半分に折って、表側になる方にアップリケをプラス、裏側に接着芯を貼って強度をつけて、本体に縫い付けるキルト綿なしの2枚仕立てにしました。脇とじと底マチの縫い方と、端の始末を確認したので、あとは持ち手ですね。

 

以前作ったパターンが残っているのをバッグに仕立ててきた方は、マチを広く取ったので、蓋をつけたいと言う相談。

土台に使った布を持ってきてくれたので、後付けのフラップ仕立てでファスナーで開閉するようにしました。

 

チュリーップのアップリケのクッションはお二人それぞれ違う配色で、アップリケが出来てきたので、格子のラインの描き方をみてもらいました。

キルティングが終わると仕立てです。

 

新しくパターンレッスンを始めたお二人は名前を刺しゅうで入れるべく、ステッチの練習。

刺繍糸のさばき方、糸始末の仕方、縫い方など、一つずつ確認してもらいました。

次回は仕上がってくるかな〜(^^)

 

帰りがけに、あれこれ資材を買い出しして、帰宅してからカルチャーの生徒さんからのリクエストがあったので、小さめのスクロールフレームを試作しました。

久しぶりに作業したので、あちこちずれていたり、カットが綺麗でなかったり(^^;;;

とりあえず、使用には耐えます(^^;

綺麗に作るための工具が、また必要になってきました。

ホームセンターを覗きに行かねば。

 

| | コメント (0)

秦野カルチャー & 本日の富士山 2019年12月5日

朝からいいお天気でした。

日が当たると暖かい、いい1日でしたね。

新松田からの富士山は青い空にくっきりと白い雪が映えています。

上空には、小さな雲がありますが、この左側(南)には、うろこ雲のような連なった雲がたくさん出始めています。

201912051

201912052

先日よりも、風で飛ばされて、南側、北側共に少し雪が減って、稜線がはっきりしています。

 

さて、12月1回目の秦野カルチャーのレッスンでした。

ハーダンガーのデンマークハートや、ペンケースなどが、だんだん仕立てまでたどり着く人が出てきました。

デンマークハートは2枚の小判形をどう組み合わせるのか、皆さん悩むようです。

やってみて、見てもらうと、「わかった!」となるのですが、いざ自分で合わせてみると、「あれ?」ということらしいです。

理屈がわかれば難しい話ではないので、ゆっくり構造を眺めてみてください。

 

ボビンレースの糸のつなぎ方や、ちょっとややこしいグランドステッチの確認などもやりました。

 

白糸刺しゅうのドロンワークで、枠にはめて刺した方が、織り糸が偏らなくていい場所があります。

丸枠を使っているのですが、四角い枠の方が、布へのストレスは少ないよねという話になり、小さいスクロールフレームを試作してみようかなということになりました。年末までに一つ作ってみましょう。

 

ステッチ100のフリー刺しゅうは、枠取りのコーチングステッチに入りました。綺麗にピシッと刺すよりは、鉛筆で描いたようにおおらかな線でいいよ〜と言うのですが、やっぱり揃えてまっすぐに刺したくなります。

(出来上がりは別としてね(^^;;;)これはこれで結構難しいのです。

 

こちらでもタティングをやる人にはネズミのパターンを配りました。

結んでみてくださいね(^^)

| | コメント (0)

ひとやすみ

ちょっとずつしかやっていないのに、右肘の痛みがひどくなってしまい、掃除はひとやすみ。

年賀状の印刷を始めました。

でも、プリンターが印刷拒否を起こして、クリーニングを何度もやったり、テストプリントを繰り返し、ハガキが上手く入っていかないので、一工夫しました。

前面から入って、後ろ側でぐるっと回って、下側になっている面が表になって印刷されるプリンターなので、紙がちょっと硬いとなかなか入ってくれません。裏側でつっかえてエラーを起こすのを何度も繰り返し、イラつくことも多いので、ハガキをなるべく反り返すようにさばいておいてから少なめに入れてみました。

 

ようやくまともに印刷され始めて、ホッとしました。

インクジェット印刷用の面は加工がされているので、反りにくいんですよね。宛名面に関してはそういうことはほとんどありません。

宛名面は中旬頃から印刷予定です。

年賀状もいろいろあって、発行枚数が減っているようですが、年に一回の生存証明なので、出していきたいと思っています。

 

干支などの作品を写真に入れ始めたのは、亥年からでした。編みぐるみを芝生に並べて、はいつくばるように写真を撮ったのを思い出します。

それ以来、キルトや手まり、つるし雛タイプの細工物、レース、刺繍と、いろいろ考えて作品の準備をします。

干支のタティングモチーフは羊から。直径4cmくらい。

まだ1周していませんが、だんだん巨大化しています(^^;;;

羽根にこだわってしまった結果、一番大きいのは雄鶏でした。次の犬の方が小さいし、ネズミに至っては、実物寄りに作ったら、また大きくなってしまいました(写真だとわからないからいいか〜)

さて連休も終わり、レッスンが始まります。暇を見つけて、小掃除をしなくては f^_^;)

 

 

| | コメント (0)

2019 Mystery SAL Dec vol.1

中掃除をちょっとずつ進めています。

雨が降って、コンクリが濡れているので丁度いいと高圧洗浄機で駐車場を掃除しました。

午前中に終わらせて、買い物と灯油の買い出し、ついでに車を洗って。

帰宅したら1時過ぎ。

もう1日終わった気分(^^;;;

 

2019 Mystery SALの12月分が、どうにもやる気にならなかったので、全く新しく図案を作ってしまいました。

もうちょっと幅があったら、ちゃんと蝶に見えたんでしょうけど、19マスの幅だと平たくなって、模様も蛇の目で、どう見ても蛾(ーー; なので、何か別の模様をと、考えました。

12月の図案からはダイヤモンド型のモチーフだけ使い、あとは全くのオリジナル。

バーチャルでは出来上がっていますが、完成してみないとどうなるかわかりません。

 

あとは仕上げですが、額装が一番簡単かな。

ドイツ旅行の時のサンプラーに使っている額がブルーグレーの細い額縁で、サイズも丁度いいので、使い回そうと思います。

方向性が決まったので、あとは刺すだけです。がんばろ〜

| | コメント (0)

吊るし雲

日曜日、出かけた時に車の助手席から、たくさん吊るし雲が連なっているのを見ましたよ(^^)

201912012

クリックで拡大します

左端に富士山があって、頂上に笠雲の出来かけが乗っています。

そこから右にずらっといろいろな形の吊るし雲がオンパレード(^^)

天気が良く、湿気があって、富士山から降りてきた風が箱根や丹沢にぶつかって空中に雲を発生させます。

天候が変わる前兆です。

 

201912011

 

鯨の尻尾のような形の雲も。葉巻型のUFOのような。

富士山にはまた新しい笠雲の成り掛けがあります。

このくじら雲も見ている間にどんどん変形していきました。

 

月曜は午前中から雨に変わり、午後に雷雨になりました。

かなりの勢いで降りましたね。

夜にはまた晴れてきました。放射冷却が起きそうです。

| | コメント (0)

レース資格取得講座第4土曜クラス 2019年11月30日

第4土曜クラスという日付の関係上、12月分が10月第1に振り替えになったので、今年最後のレッスンになりました。

講師のお免状が届いた方もいて、普及協会への登録などの説明もしました。

フィレレースのボタンホールステッチの枠取りの刺し方、仕上げの仕方を確認したり、タティングレースのロングピコのモチーフのつなぎ方、しおりのモチーフのブリッジの最後のつなぎなどを実演したり。

ビーズを入れたモチーフは、糸の太さとビーズの大きさのバランスをとらないといけないので、一度作ってみてから、サイズや数の変更をします。

新入生のかたも、クロッシェの最後の課題のなりました。次回からタティングになりますね(^^)

 

1日目いっぱい頑張ると、疲れますよね。ゆっくり休んで次は1月末になるので、2ヶ月空きますので、忘れないように手を動かしておいてください(^^)

 

| | コメント (0)

2019年12月更新と本日の富士山 2019年11月30日

20191130

綺麗に晴れた空に真っ白な富士山でした。

雨に洗われた後で、山もくっきりと綺麗になっています。

 

月末までレッスンが入りました。ギリギリまで仕事でしたが、水曜まで4連休なので、その間にやれることをやっておきます。

さて、本家サイトの12月更新です。

作業は粛々と進んでいるようで、キット作りをいろいろやっていたような気もします。

Mytery SALも最後のボーダーが発表されましたが、いやそこでこれが来るの!?という状態で、ちょっとボーゼンとしております。

もうちょっと可愛くできていたら、まんま刺すんですけど。蝶というより、スズメ蛾だわ。プリントアウトだけはしたけれど、う〜ん……

 

◆ニードルワーク
(12月) クロスステッチ デザイナー編 2019 Mystery Nov
    ハーダンガー刺繍編 デンマークハート
◆ガーデニング
 (12月) 11月の庭 

◆教室のご案内
  自宅レッスン、トーカイ小田原店、秦野カルチャーの各日程を表示 

年末に向けて、いろいろ準備もありますが、楽しいことも考えつつ、いろいろ手作業も続けます。

| | コメント (0)

真っ白

朝の車載温度計は1度でした。

箱根や松田山などの高いところにはうっすら雪が積もっていましたが、出かけたついでに車から見た富士山は下まで真っ白になっていましたよ。

運転中で、写真は撮れませんでしたが、土曜の朝に撮れるかな〜

日が差してきたらそこそこ暖かいので、お昼からお風呂掃除。

気になっていた部分を綺麗にして、一息つきました。

 

順に少しずつ、小掃除をやっていこうと思います。

すでに指先はボロボロですが(^^;;;

 

プントアンティーコは今月の宿題部分は終了したので、翌月の予習部分をやっておこうと作業中。

自分の作品もデザインしたら、やたらと糸を食うものになってしまい、いがらし先生に不足分をお願いしたところです。

ゴタゴタと入れすぎのような気もしますが、とりあえず進めます。

 

11月が終わる〜

| | コメント (0)

冷え込む

冷たい雨で、午後になるにつれて、だんだん気温が低くなってきたような気がします。

富士山は雪だろうなあ。箱根にも降っていそう(^^;;;

プントアンティーコの宿題もやりつつ、PC作業もちょっとして、1日ぐだぐだと過ごしてしまいました。

そろそろ大掃除も考えておかないと、まとまったお休みは月明けと月末のみなので。

 

プントアンティーコも13目/cmのシエナは全く問題なく裸眼で刺せるのですが、15目/cmのリーノになると、目の状況によって、アレルギーで涙目とか、ぐちゃぐちゃしている時には見えなくなります。

織糸と刺す糸の加減によっても、刺しにくい、間違いやすいときがあるので、そろそろ拡大鏡が必要かなぁ

一度使ってしまうと、ずっとになってしまって、目の調節機能が危うくなりそうで……

 

家では必要に応じて据え置きタイプを使っています。

外出時や、手元が暗い時には必要よね。

跳ねあげられるタイプの方が、便利という話も聞きますし、視界が全部拡大される方がいいという方もいます。

ちょっと考えておきましょう(^^;

| | コメント (0)

トーカイ小田原店 2019年11月27日

引き続き、気温が低く、雨が時折降る1日でした。

また台風が発生したとかで、これからの天気にも注目です。

 

トーカイ小田原店のレッスンでした。

カリクマクロスのミニモチーフのクローバーをやってもらっています。

小さいモチーフですが、針目が大きいのでゆるくなっています。

ある程度、引っ張りをかけないとオーガンジーをカットした時に浮きますよね〜 

あとちょっと頑張りましょ。

 

ハーダンガーのモチーフが刺しあがってきました。仕上げの仕方を確認しています。

シュバルム刺繍の小さなモチーフを刺し始めていますが、織糸を抜いて、アジュール部分の刺し方を確認して、始めています。

糸の太さを間違えないようにね。

 

編み物は帽子が出来上がりそうです。

次は着物の生地の端切れがあるので、それを使ってバッグを作りたいということです。

パッチワークというほどではなくても、生地を見て、必要なら接着芯を貼り、形にできればと思います。

 

私もプントアンティーコの宿題をやっています。

やれることを進めておかないと、12月がすぐ来てしまいます(^^;;;

 

| | コメント (0)

«刺繍塾プントアンティーコ 第6回