レース講師養成講座5か月目

養成講座も折り返し地点です。
5種類めの技法に入りました。

結びの技法の中でも、一番歴史の古いものです。
シンプル故に手加減がすべて。
きゅっと結ばないと、だんだん緩んできます。
じっくり取り組んでください。

朝の雨も夕方にはやみ、大荷物も少し楽になりました。
2日目には6種類最後の技法になります。
楽しんでいきましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

自宅レッスン 10月16日

色々楽しい2時間でした。

クロスステッチの多色モチーフで、カウント数はそれほど多くないのですが、似たような色合いが続けて入り組んでいるような時の、刺し方のコツなど。

ツヴィストソムの本から、こちらも刺し順や、飛び模様の刺し方など。

ウイリアムモリスの模様の本がありますか?ということで、手持ちの本から3冊。
クロスステッチ、ウール刺繍、ニードルポイントなど、それぞれの特徴と色々な仕立て方の載っている本を、イギリス滞在中に購入していたので、そちらを引っ張り出してきました。
色々あってもなかなか作ることはできないのですが、目の保養になれば幸いです(^^)

タティングレースはモチーフが繋がってきているので、仕上げの方法など。
また、ブリューゲルレースの基本から、間を埋める6つ巻き長編みを続けて編む時に、ゆるみの出ないやり方の確認。

白糸刺しゅう高等科
アジュールの縁の刺し方。

ボビンレースのスワンの方も引き続き織り続けていますが、次に織りたいという作品集から、まず基本をすることになりました。
本にはステッチの基礎が載っているのですが、いままで麻糸を使っていたので、いきなり細い綿糸はちょっと大変かなと。
私もチュールレースのきちんとした作品は初めてなので、まず自分からと、同じ本からパターンを選んだのですが、テクニカルコンテを見たら、糸の出入りが多い作品だったので(^^;;;
軌道修正し、基本のパターンから織り始めました。
丸々1日かけて、数センチという進みっぷりですが(^^; ゆっくり織れたらいいなと思っています。
久しぶりにちゃんとしたボビンレース。楽しいです(^^)

スワンの方は、もう一人のボビンレース経験者に「一緒にやらない?(^^)」と勧めていましたよ。
こちらはケルト風のクロスステッチを進めています(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ビオラ開花

201710125

ビオラが開きました。
綺麗な紫色。そろそろ球根を植えたりしたいのですが、天気が良ければ日程が合わず。
涼しいかなと思えば、雨になり。
なかなか思うようにはいきません。

お天気次第の稲の脱穀の日程が読めないので、期日前投票に行きました。
次男のところにも市から通知が来たというので、ついでに家族全員で。
次からは次男は転居先の投票ということになります。
「全然わかんない」そうです。
そうだよね(^^;;;

久しぶりに帰ってきて、仕事の話や、友達と出かけた話など、色々しゃべりました。
引きこもりだったので、心配していましたが、会社の人たちも以前から何がしかの関係もあったようで、なんとかやれているみたいで安心しました。

さて、私も次の作業をしましょうか(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Punto Antico Doily vol.5

Punto0816

さて、久しぶりのプントアンティーコのドイリーです。
中央に穴を開け、周囲を始末し、かがりが入り始めたところです。
矢羽やダイヤ型のサテンステッチも色違いで入っています。
サテンステッチは、結構糸を食いますから、紫の糸は様子を見ながら刺していましたが、飾りのステッチはそんな心配もなく。
この辺は次のかがりをどうしようか考えながら、刺し埋めていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2度目のピーク

201710121

夏越しした小さなビオラに蕾がつきました。
天候不順やら肥料不足やらで、葉っぱがかわいそうなことになっています。
肥料を入れないとなあ。

201710122

庭のホトトギスは満開です。
花色は地味ですが、これだけ群れると綺麗です。
斑入りや、白花は原種に押されて見当たらなくなってしまいました(^^;;;
桔梗もあったはずなんだけどなあ。

201710124

こちらも手入れがなかなかできなかったので、ひっそりとバラが咲いています。
また雨で、週末から来週いっぱい予定が入っているので、また草取りが出来ません(^^;;;
掘り起こさないといけない場所もあるのですが、球根を植え損ねないようにしなくては。

201710123

今年は1度だけかと思っていたエンジェルストランペットが咲き出しました。
今年の枝ぶりはコンパクトなので、背の高さで、花がドン!という感じでなかなか迫力があります。
またしばらく楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハートのモチーフで ……続き

水曜の夜に、珍しく出かけてきました。
私が出かけるなんて、そうそうないこと(^^;;; ですが、結婚のお祝いで食事会ということだったので、是非もなく参加。
楽しい2時間半でした。
手芸店の社員、パート、講師の面々なので、皆さんなにがしか手作りの作品を持ってきていまして、服だったり、ズパゲッティで編んだバッグや、紙バンド手芸のバッグ、レジンのピアスやブローチ、リメイクニットのカーディガンなどなど。それだけで、みんなで盛り上がりましたよ(^^)
食事も美味しく頂きました。飲む人も多かったので、飲み放題になっていたのですが、バー&カフェ 創作料理的なお店だったので、お酒の種類も多く、みんないろいろ飲み比べ。ビンゴもあったり、わいわいと色々大騒ぎ。
集合写真も撮ってもらい、お店でカードを作ってくれたので、それにメッセージを書いたりと、盛りだくさんでした。

私からは例のハートのモチーフで、匂い袋、お守り、シザーキーパー的なものを。

Tathearts2

とりあえずの出来上がりはこれ。

Tathearts3

中にラベンダーを包んだ綿を詰めて、ふんわりと仕立てました。
ハート型の小瓶に入れたイメージです。
ミニドイリーじゃ使い道に困りますが、これならちょこっとひっかけておいてもらえればいいかなと(^^)

早速、あちこち皆さんのところへ出張してました。タティングを教えているパートさんもいるので、「もっと修行しときます!」と宣言されました(^^;;;
幸せのおすそ分けをいただいて、ご機嫌で帰宅したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ハートのモチーフで

Tathearts1

知り合いの結婚祝いで、急遽、何か作ろうと思い立ち、タティングでハートモチーフを作ることにしたのですが。
モチーフ一つはとりあえずできて、さて、これをどうつないでいこうかと、試行錯誤したものです。
ハート部分のピコ数間違いもあって、これは試作止まりになりました。出来上がりサイズ11.5cm角。
これを何にするのかという予定はあったものの、最後仕上げまで考えると時間がないので、別の作品を同じモチーフで作ることにしました。

そちらはまた明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

かぼちゃのブローチ

)Tathalloween1_3

先日のかぼちゃをブローチ仕立てにしてみました。
葉っぱを増やし、カブトピンに蔓よろしく糸を巻きました。

たまにはこういう仕立てもいいかな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

泥汚れには

打ち合わせ@都内
1日、美味しいお昼をいただきつつ、あれやこれやと内容を詰めてきました。
やるべきことは沢山。がんばりましょ〜

稲刈りで、ズボンも上着もあちこち汗と泥汚れ。さて、どうしたもんかと考えまして。
洗面台で下洗いするのにも、他を汚しそうで、そのまんま、えいやっと洗濯機で60度洗浄。
2時間以上かかりましたが、綺麗さっぱり汚れが落ちましたヽ(´▽`)/
時間をおかずに洗ったのが功を奏したのでしょうね。

201710061

駐車場側で、最近芽を出したインパチェンス。
ちっちゃいのに花が咲きましたよ(^^;;;
鮮やかなフクシアピンク。

201710062

となりのざる菊は蕾が少し大きくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日の富士山 2017年10月8日

「お昼から稲刈りするから来て。」
朝、突然呼び出しをくらいまして(^^;;;
前日、大雨降ったし、もっと月末に近いと思っていたのですが……
「言ったじゃない」と言われたのですが、そりゃ、言われたけれど、準備というものがありまして。
やることあったのに、全部放って、出かけてきました。

201710081

富士山方面は1日ずっと雲の中。ちょこっとだけ、頭が見えたのですが、これが一番のショットになるとは(^^;

案の定、田んぼはまだ水気も多く、長靴がズボズボはまり込み、いつもの2倍くらい疲れました。
しかも、竿をかけた竹がゆるい地面に結構深く刺さっているのに、重さに負けて、ズルズルと崩れまして(ーー;
途中で折れる竹も出たり、踏んだり蹴ったりという状態。

201710082

崩れる前の稲。このあと、1列全部やり直し。
他の竹もしっかり木槌で叩いて、2度手間、3度手間かけて、とうとう真っ暗になるまでやったのですが、最後まで掛け切らないで終わりました。

とりあえず、乾いたところに稲を置き直し、終了。
あとは、明日以降にお任せです。
お互いの都合もあるけど、こんなに大変な稲刈りは初めてでした。
泥だらけの根元、濡れた稲は沢山抱えられないので、2束か3束しか持てないし、往復回数が多いのに、足場が悪いのでこけそうになるのをこらえたり、変なところに力が入って、あちこちすでに痛い(; ;)
また、こんな日に限って、快晴、どピーカン。
「稲が乾いて良かった」って。確かにそうだけどね(ーー;;;
このまま田んぼが乾いたら、脱穀の時はまたあちこち穴だらけで、足元が取られそうです。いやん……

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«Tatting Cat